ハンバーグ

ハンバーグ
皆大好きハンバーグ。大きく握って、どーんと焼きましょう!

材料 (3人分)

合い挽き肉
270~300g
玉ネギ
1/2個(100~120g)
1/2カップ
1個
塩・胡椒・ナツメグ
お好みの量
サラダ油(玉ネギ用)
大さじ1/2
サラダ油(ハンバーグ用)
大さじ1/2
にんじん
中1本(200g)
★砂糖(グラッセ用)
大さじ1/2
★バター(グラッセ用)
大さじ1/2
★塩(グラッセ用)
一つまみ
水(グラッセ用)
手順13参照
じゃがいも
2個(300~400g)
☆バター(ポテト用)
大さじ1
☆牛乳(ポテト用)
大さじ2
☆パルミジャーノ・チーズ(粉チーズでもOK)
お好みの量
☆塩・胡椒(ポテト用)
お好みの量

1

玉ネギは粗めのみじん切りにする。

2

フライパンを熱してサラダ油大さじ1/2をひき、玉ネギを入れて炒める。(その際、塩・胡椒を少しだけ振る。)

3

約10分位、色が白から茶色く透き通る感じになるまで炒めたら、皿やバットなどに取り出して冷ます。

4


小さめのボウルに卵を割り入れ、カラザを取り除いた後、溶きほぐす。それにパン粉を加えてよく混ぜ合わせる。

5

ボウルに合い挽き肉、塩、胡椒、ナツメグを入れて、手でつかむ様に混ぜ合わせる。

6

手順4のつなぎに手順3の玉ネギを加えて軽く混ぜ合わせた後、手順5の中に入れてよく混ぜ合わせる。

7

出来上がったハンバーグだねを3等分にし、形を整える。両手でキャッチボールをしながら空気を抜く。

8

フライパンを熱してサラダ油大さじ1/2をひき、ハンバーグを、火の通りにくい中心を軽く押してへこませながら、並べて焼く。

9

中火で、片面全体に焦げ目がつくまで焼く。(フライパン返しでそっとあげてみて、焦げ目がついているかチェックする。)

10

フライパン返しで裏返し、もう一方の面にもこんがり焦げ目がつくように焼く。その際、フライパンに蓋をし、火を少し弱める。

11

竹串や楊枝などを刺してみて、濁った汁が出てこなければ焼き上がり。

12

(つけ合わせその1:にんじんのグラッセ)①にんじんは皮を剥き、7mm程の厚さの輪切りにする。

13


②鍋ににんじんを入れ、水をひたひたの状態になるまで注いだ後、★を入れ、蓋をして中火で煮る。

14

③汁気がほとんどなくなり、にんじんが「ふっくら」な状態に煮上がったら出来上がり。

15

(つけ合わせその2:ポテトボール)①じゃがいもは洗って泥を落とし、皮付きのまま、かぶる位の水を入れた鍋で茹でる。

16

②茹でていたじゃがいもに竹串がすっと入るようになったら、ざるなどを使って取り出す。

17

③じゃがいもがまだ熱い内にふきんで包むようにしながら持ち、皮を剥いていく。(火傷に注意。)芽は包丁など使って取り除く。

18

④皮を剥いたじゃがいもは、冷めない内に木べらなどでなめらかになるまでつぶす。

19

⑤☆を入れてよく混ぜ合わせる。3等分し、ボール状に丸める。

20

⑥アルミホイルの上に並べ、トースターで15分程軽く焦げ目がつくまで焼く。

21

⑦(各ご家庭で使用するトースターのパワーには違いがありますので、この焼き時間はあくまでも目安です。)

コツ・ポイント

玉ネギを炒めるサラダ油はバター大さじ2/3に替えてもよいでしょう。ハンバーグの成形をする時、手にサラダ油(分量外)をつけると手にくっつかないようです。(私は面倒くさくてやらないのですが・・・。)

このレシピの生い立ち

作り方の基本は母から教わり、テレビや雑誌で得た情報をプラスしてこのレシピになりました。実は、皮から茹でるためハンバーグよりつけ合わせのポテトの方が時間がかかります。何よりもまずじゃがいもを茹でる準備から取り掛かりましょう。
レシピID : 779334 公開日 : 09/04/09 更新日 : 13/06/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」