牛乳パンで桜餡パン(我流・捏ね方あり)

牛乳パンで桜餡パン(我流・捏ね方あり)
牛乳味のパンには、餡が合いますね♪
季節の桜餡で。ツイストで作ってみました。
ふんわり甘ぁい、優しいパンです。

材料 (マフィン型使用で、18個分ぐらい)

砂糖(上白糖)
40g
セミドライイースト
8g
大さじ1
クリープ(コーヒー用粉ミルク)
大さじ1
牛乳
280~300cc
6g
無塩バター
50g
桜餡
300~400gほど、お好みで
桜の花の塩漬け
適量
牛乳(仕上げのツヤ出し)
少し

1

パン生地を作る。
一次発酵用のボールに、サラダ油かショートニングを薄く塗っておく。

2

材料の計量準備。
先に無塩バターを出して、少し室温に戻しておく。
牛乳は、人肌程度にレンジで温めておく。

3

写真

強力粉の真ん中をくぼませ、砂糖・イーストを置き、離して塩とスキムミルク・クリープを置く。

4

写真

砂糖めがけ、少し残して牛乳を入れ、軽く溶かしたら、ボールの縁からヘラ(スクレーパー)で混ぜていく。牛乳の量はここで加減。

5

写真

粉っぽいところが無くなったら、適当に切ったバターを入れ、少し馴染むまで、手でぎゅっと握るようにボールの中で捏ねる。

6

大きなバターの塊りがほぼ無くなったら台に出して、捏ねる。 べたつくけど、なるべく打ち粉はしないで頑張ってみてください。

7

スクレーパーですくいあげてまとめ、台に叩きつけたり、台に押し付けて捏ねる。まとまりかけたら、→我流の捏ね方です→

8

写真

右手で生地を下からすくいあげるように、横から持ち上げて→
※指を食い込ませない。べた付くようならスクレーパーで。

9

写真

裏返すようにして、台に叩きつける。
※持ち上げた位置が手前に来るよう、タテヨコ方向を変えて。なるべく打ち粉はしない。

10

写真

左手の手のひらから手首の付け根辺りで、手前から押すようにして、くるんと巻き込むと、ツルンとした綺麗な面が出る。

11

写真

8~10を繰り返すと、中はべた付くが表面はツルンと綺麗な膜が張ったような生地にまとまる。表面に膜が張るまで10~15分。

12

写真

丸めて艶のある綺麗な面を出し、①のボールに入れラップして、温かいところで40~50分ほど一発酵させる。

13

発酵を待つ間に餡の準備。耐熱容器に餡を入れ、電子レンジで2分ほど。ヘラで混ぜて少し水分を飛ばし、バットにあけて冷ます。

14

写真

発酵が終ったら分割。綺麗な面が出るよう丸めなおし、乾燥しないように布巾などで覆ってベンチタイム、10分ほど。

15

写真

成形。めん棒で少し楕円形に伸ばし、半分に桜餡を塗る。
餡が多すぎると、成形しにくくなります。

16

写真

生地を縦半分に折り、閉じ目が開かないよう、少し押さえる。スクレーパーで2本切り込みを入れる。端は切らないで。

17

写真

2回ほどねじる。

18

写真

くるんと巻くようにする。ほどけないように、裏で端をくっつける。アルミカップなどを敷いたマフィン型に入れる。

19

オーブンの発酵機能で、40分ほど二次発酵。
桜の花の塩漬けを水に入れ、少し塩抜きして、キッチンペーパーに分けておく。

20

写真

二次発酵終了。
ふっくらした形を崩さないよう注意して、ハケで表面に薄く牛乳を塗り、桜の花を飾る。

21

写真

170度に余熱したオーブンで、18分焼く。
温度と時間は加減してください。
焼きあがったら、網の上で冷ます。

22

写真

イーストは、写真のセミドライを使いました。粉ははるゆたかブレンド。優しい香りと甘みの、ふんわり生地が出来ます。

コツ・ポイント

ツイストロールの巻き方を教えて頂き、以前はマフィン型を使わずアルミカップにそのまま置いてましたが、マフィン型を使うと焼いてる間に崩れる心配がないので、最近はコレが気にいってます。
ツイストだと、餡が全体に回り、見た目にも可愛い♪

このレシピの生い立ち

牛乳で捏ねたパン生地に、桜餡が合うと思い、作りました。
優しい甘さの、ふわふわパンが出来ました☆
練乳が無かったので、ID:693348の牛乳パンの練乳をクリープに変えてみました。
水分(牛乳)量は、4で調節してください。
レシピID : 779833 公開日 : 09/04/12 更新日 : 09/05/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」