桜鯛のソテー『皮をカリカリに焼いて』

桜鯛のソテー『皮をカリカリに焼いて』
レストランで食べるあの“食感”を誰にでも作れる簡単なレシピです!

これといったソースもないで手軽に作れますよ!

材料 (2人分)

鯛の切り身
80~100g×2枚
適量
レモンのくし切り
2切れ
季節の野菜
適量

1

鯛はクッキングペーパーなどを使い余分な水分を取り除き、骨がついているようなら取り除きます。

2

イタリアンパセリの葉を粗く刻み、付け合せの野菜を準備します。 (今回は茹でたイモとエンドウ、オーブンで焼いたトマトです)

3

テフロンパンにピュアオイルを敷いて、塩で下味をした鯛を皮目を下にして乗せ、点火しフライ返しでおさえながら弱火で焼きます。

4

皮がカリッとなったら、返してさらに3分位焼きます。 鯛と野菜を皿に盛り②のパセリとバージンオイルを振りレモンを添えます。

コツ・ポイント

冷たいフライパンから焼き始めることで、皮が反り返るのを防ぎます!

ソースがないでしっかり下味をして下さい!(ソースを添えるときは塩加減を調節してください)

今回は鯛を使いましたが、ヒラメ・スズキ・サーモンでもおいしくできますよ!

このレシピの生い立ち

“皮のカリッと焼けた魚”を誰でも簡単に作れる方法はないか… と考えていたときにひらめいた『レシピ』というより『テクニック』です。
レシピID : 780111 公開日 : 09/04/09 更新日 : 09/04/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」