国産粉で作る水餃子、蒸し餃子の皮

強力粉と薄力粉の割合や水分量によって、食感もずいぶん変わってきます。一般のレシピより、強力粉の割合を減らしました。覚書。

材料 (24枚~36枚分)

100g
国産薄力粉
100g
110g~
塩(入れなくても良い)
少々
(お好みで、ごま油)
(少々~10g)
参考 水餃子のあん
豚肉赤み挽肉
250g
白菜
100g(塩をして微塵切り、水気を軽く絞る)
キャベツ
100g(塩をして微塵切り、水気を軽く絞る)
にら
50g
生姜2片 にんにく2片
すりおろし
醤油
大1と1/2
大1
少々~大1
塩、胡椒
少々
上記の材料を良く練り、
冷蔵庫で暫く寝かせてから皮に包んで茹でる。

1

分量の小麦粉に水を入れ、お箸で暫くぐるぐる回す。(塩を入れたい場合は、あらかじめ水に溶いておく)

2

手で捏ねて、まとめる。

3

24枚なら2分割、36枚なら3分割し、片栗粉を少しまぶして細長くまとめ、ビニールに入れ冷蔵庫で暫く休ませる。

4

細長くまとめた生地をまず半分に切り、それを3つに、そしてそれを2つに切り、
一本を全部で12個に切り分ける。

5

24枚ならかなり大きめ餃子、36枚なら小さめ餃子です。

6

片栗粉をまぶし、くっつかないようにしながら、麺棒で丸く薄く伸してゆく。

7

片栗粉をまぶしておけば、数日冷蔵庫で置けますが、冷凍保存の方が安心です。

コツ・ポイント

この種を薄く伸して手で平面に伸ばし引きちぎりながら湯で茹でるとメンピェンという料理になります。
コンソメと醤油のスープで、溶き卵を回しかけ、ネギを入れてどうぞ!うちでは水餃子の皮が余ってしまった時や、麺を切らした時作ります。鍋物の最後にも。

このレシピの生い立ち

作り比べをして、このレシピに落ち着きました。
お好みで、もう少し強力粉を減らす割合でもいいかも?

メンピェン*中国風ちぎり麺 は、レシピID :782321 をご覧下さい。
レシピID : 780581 公開日 : 09/04/10 更新日 : 10/04/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」