信州の郷土食☆ニラ煎餅☆

信州の郷土食☆ニラ煎餅☆
信州の郷土食です。「煎餅」という名前ですがチヂミに似た薄焼きです。焼けた味噌の風味が香ばしくて美味しいです。

材料 (4人前)

ニラ
1束
1個
1カップ
味噌
大さじ2
砂糖
大さじ1
薄力粉
200g
サラダ油 又は ゴマ油
少々

1

ニラは2~3センチの長さに刻んでおく。

2

ボールに卵、水、味噌、砂糖を入れて混ぜ合わせる。
味噌が溶けたら薄力粉をふるい入れ、ニラも入れて良く混ぜ合わせる。

3

油少々をひいて熱したフライパンに生地を薄く伸ばし、フライ返しで表面を押さえながら中火で両面こんがり焼く。

4

☆熱々をどうぞ。そのままでも美味しいですが、砂糖醤油やマヨネーズをつけても美味です。

コツ・ポイント

☆焼くときにゴマ油を少々垂らすとコクが出て美味しいです。
☆赤味噌は焦げると苦くなるので、出来れば信州味噌がいいです。
☆味噌と砂糖の分量はお好みで調整してください。

このレシピの生い立ち

主人が子どもの頃よく食べていたというおやつです。信州の田舎では昔はお米が取れなくて、代わりに小麦粉を使った料理(おやきなど)がよく食べられていたそうです。
レシピID : 780648 公開日 : 09/04/10 更新日 : 09/04/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」