2003年我が家のおせち料理(お年寄りにやさしい編)

2003年我が家のおせち料理(お年寄りにやさしい編)
***レシピではないです***
特養施設で過ごしている義父に、お正月気分を味わってもらえればと、家族でお正月をお祝いしたときのおせちです。
歯が悪いので柔らかく食べやすいものだけにしました。

材料

(一の重)
鮭といくらの炊き込みごはん
(二の重)
ふわふわな、のし鶏
(鶏ミンチ/木綿豆腐/山芋/味噌/他)
栗きんとん
(栗甘露煮/さつまいも/くちなしの実)
伊達巻
(はものすり身/山芋/卵)
黒豆
車えびの旨煮
お煮しめ
(里芋/京にんじん/絹さや/紅葉麩)
魚卵の旨煮
(「わらびの里」で購入したもの)

1

写真

・ふわふわな、のし鶏

「介護福祉.com」のお料理レシピを参考。山芋をプラスしてよりふわっと感を。
食べやすくて、ボリューム感もあり、おいしいと一番評判が良かった。上にあるのは紅葉麩。

2

写真

・栗きんとん

「新版/基礎日本料理」土井勝著を参考。さつまいもは茹でずに電子レンジを使ったり手抜きもして。砂糖は少なめ、栗は食べやすい大きさで。

3

写真

・伊達巻

自己流です。奮発!?してはものすり身を使って。気長にフライパンで焼いて作ります。甘さ控えめ。

4

写真

・黒豆

「きょうの料理2000年12月号」参考。実家の母からもらった京都「北尾」の丹波ぶどう黒豆を使って。とっても立派に煮あがりました。横の柚子釜ならぬカボス釜に裏ごしした黒豆を入れて。(豆は柔らかくても皮が意外と痛いそうです)

5

写真

・お煮しめ

自己流で。里芋は小さめのひと口大に切って。京にんじんはねじ梅の飾り切りにしてお正月らしく。電子レンジで柔らかくし、薄味の鰹だしでさらに煮て柔らかくしました。

6

写真

・鮭といくらの炊き込みごはん

「おけいこ大好き和食の12か月」王由由/鈴木好次著を参考。新春らしいおめでたい色のごはんです。いくらをたっぷ~り入れて豪華に。鮭は生のいいのを使うと柔らかくて食べやすいです。いくらも水分があるので食べやすいみたい。

コツ・ポイント

軽い嚥下障害(口の中が渇いて上手く飲み込めない、むせこんでしまう)があるので、うすい鰹だしでつくった葛湯のような自家製の「とろみ」も持って行きました。
えびや栗きんとんなどを食べるときに一緒にスプーンで食べると良いようです。
(でも義父はこのとき「とろみ」なしでそのまま上手く食べることが出来ました。)

このレシピの生い立ち

レシピID : 78139 公開日 : 03/02/04 更新日 : 03/02/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」