基本にして最高の餃子

基本にして最高の餃子
うちの餃子はうまいよっ! 夫が焼くよっ! …餃子を焼く時の夫は、他では見られない真剣な眼差しをしている。普段は究極の「のほほん」である夫が、火加減、水加減を逐一気にしつつ、「焼き上がりの一瞬」を逃すまいと餃子に闘いを挑む。…なかなか良い光景ですわー(笑)

材料 (約50個分)

300g
熱湯
160~180cc
豚ひき肉
200g
白菜
200~250g
にら
1束
1/2片
大さじ1
★砂糖
小さじ2
★塩
小さじ1
★しょうゆ
大さじ1と1/2
★鶏がらスープの素
少々
★水
大さじ4
小さじ2
打ち粉(強力粉または片栗粉)
適宜
適宜
適宜
☆しょうゆ
適宜
☆酢
適宜
☆ラー油
適宜

1

ボウルに強力粉を入れ、熱湯を加える。箸で全体をかき混ぜ、そぼろ状になったら、手で捏ねる。数分間捏ね、弾力が生まれ、表面に張りが出てきたら、ラップにくるんで数時間(最低30分)寝かせる

2

白菜はみじん切りにし、塩少々(分量外)を揉み込みしばらく置き、水気をよーく絞る。にら、しょうがもみじん切りにする。

3

豚ひき肉をボウルに入れ、粘りが出るまで手で混ぜる。そこへしょうがと★印の材料を加えてよく混ぜたら、白菜とにらも加えて更に混ぜる。

4

寝かした生地を取り出して、包丁でまず4等分にする。うち3切れは再びラップにくるんで、乾燥を防いでおく。

5

まず1切れ目を直径2~3cmの棒状に伸ばす。幅1.5cmくらいの間隔で切り分ける。この際、生地を手前に90度、後ろに90度と転がすのを繰り返しながら切ると、潰した時にきれいな円形ができる。

6

打ち粉をふった台に切り分けた生地を1つ置き、手の平で潰す。麺棒を使って直径12cm程度に伸ばして行く。この際、円の中心は比較的厚め、縁側は薄めにする。

7

皮ができたら、具をのせて包む。※我が家の方式は夫の考案で、半月形にしたらまず皮の縁を全面引っ付け、2枚重ねた状態でひだを寄せるというもの。この方が何故かうち好み。

8

ホットプレートに油を熱し、餃子を並べる。小麦粉を薄く溶いた水(分量外)を餃子の7分目までが浸かるように注ぎ入れ、蓋をして蒸し焼きにする。

9

火が通ったら蓋を外し、ごま油を数滴たらし、水分を飛ばす。餃子の底に焼き目がつき、周辺に薄くぱりっとした小麦粉の膜が焼き上がるまで焼く。

10

☆印の調味料をつけ、「うちの餃子は日本一だよねー」といいながら、熱々を頬張る。

コツ・ポイント

①ひき肉は安物でOK! 脂身多めのほうがおいしい。ただし、アメリカに来てからというもの、うちでは塊肉を叩いています。普段使い残した脂身をブレンドしつつ。 ②水餃子にする場合は、皮を作る際、熱湯ではなく水を加える。 ③ホットプレートで焼くと、卓上で熱々を頬張れるので、おすすめ。「ぱくっ!→肉汁ぴゅっ!」に注意。

このレシピの生い立ち

結婚当初から、餃子とビビンバだけは妥協せず(?)、土日に夫と手作りしていました。具の準備と皮の捏ね~伸ばしの工程は私、包み~成形~焼きは夫と、我が家では完全な分業体勢で臨みます。これが私たち2人の料理の原点!
レシピID : 78154 公開日 : 03/02/04 更新日 : 03/02/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
はげげ 2004年05月07日 23:26
はじめまして。はげげと申します。今日、餃子を作ってみました。皮だけさちごはんさんのレシピを参考にし(塩をひとつまみ加えてみました)、具は私のレシピで作りました。

この皮うまーい!!パリパリ、モチモチ、とっても美味しかったです。ただ、丸く薄く生地を伸ばすのに少し時間がかかってしまいましたが、頑張って作ったかいがあり激ウマ餃子ができました。

手作りの皮ってこんなに美味しいんですね。冷めても美味しかった。ありがとう!!
いら 2005年10月11日 17:02
初めまして、いらと申します。
この餃子が家族全員大好きで、もう何度となく作り、うちの定番になっています。
初めて写真を撮ったので、日記に紹介させていただきました。不都合あれば、お知らせ下さい。
美味しいレシピ、ありがとうございました。
フェミリナ 2006年05月07日 21:59
初めまして。
こちらの餃子、作らせていただきました。
とっても皮がもっちりしていておいしかった~
今回は、具が、白菜が買えなかったので、キャベツで代用したため、
今度作るときは、是非白菜で挑戦してみたいと思っています^^
自分のブログにこちらのレシピを紹介させていただきました。
不都合ございましたら、ご連絡いただければ幸いですm(_ _)m
http://mykit.jp/pc/femi/