缶飲料の口の閉じ方の画像

Description

一曲歌うために席を離れても。こうしておけば空き缶や他人の飲み残しと区別できると言うメリットもあります。

材料

缶ビール、缶酎ハイ等
1缶
割り箸の袋、レシートの紙等
一枚

作り方

  1. 1

    写真

    缶ビールや缶酎ハイを開けた後のプルタブ(正しくはステイ・オン・タブ)の部分を回せることに気付いていましたか。

  2. 2

    写真

    ストローを入れる時にこのように回してこの穴に挿すとフィットするので、覚えておいて損はないです。

  3. 3

    写真

    口を閉じる為に使うのは、割り箸の入っていた袋です。先ず半分に折り、更に斜めに折って下さい。

  4. 4

    写真

    このようにタブの下に挟み込むとジャストフィット。紙製の物でもビニール製でも大丈夫です。

  5. 5

    写真

    完全に密閉できるわけではありませんが、埃や虫が入るのを防ぎ、間違って飲まれる心配もなくなります。

  6. 6

    箸袋がなければ、レシートの紙や駄菓子の袋でも代用できます。

  7. 7

    もう1つオマケの便利アイデア。帯状に切ったトイレットペーパーと洗濯ばさみで空き缶を物干し等にぶら下げてみましょう。

  8. 8

    雨が降って来たら缶が落ちるので、その音で知らせてくれる報知器になります。

コツ・ポイント

しっかりキャップの出来る容器に入れ替えたとしても。どうせ、炭酸は入れ替える時に抜けてしまいますし、長期保存出来るわけでもないので。この方法で口をふさいで冷蔵庫に入れたほうが洗い物を増やさずに済むのではないでしょうか。

このレシピの生い立ち

次回は、レジ袋の口の閉じ方と畳み方。を投稿したのですが、料理と関係ないからと言う理由で拒否されてしまいました。

おかげさまで公開できました。
レシピID:7831628
感謝いたします。
レシピID : 7825305 公開日 : 24/05/18 更新日 : 24/06/07

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート