餅と餡が合体?!サツマイモで胡麻団子

もっちもちのサツマイモ餅に胡麻をつけて揚げました。サツマイモ×胡麻の王道のくみあわせがまずいわけがない!

材料 (4人分)

サツマイモ
500g
☆薄力粉
100g
☆砂糖
150g
様子をみながら適宜
ゴマ
適宜

1

サツマイモは洗って皮をむき、
小さめの乱切りにして水にさらしたあと、柔らかくなるまで茹で、水気をきる。(サツマイモが柔らかくなるのであれば、電子レンジ、蒸す等の方法でもかまいません。)

2

柔らかくなったサツマイモをボールに移し、☆の材料をいれ(ふるわなくてよい)木杓子などでイモをつぶしながら混ぜ合わせる。

3

イモの水分量によって様子をみながら水の量を加減してくわえ、みみたぶくらいのやわらかさになるように捏ねる。はじめのうちは白玉粉の白い粉が残っていますが、捏ねているうちになくなります。

4

好みの大きさに丸め(といっても後で揚げるのであんまり大きいとなんですが)蒸気の上がった蒸し器にいれ中火で20分蒸す。この分量だと1回では蒸し器にはいりきらず2回蒸すことになりました。

5

ゴマをお皿にあけ、蒸しあがったお餅をゴマの海(?)に押し付けるようにしてゴマをつける。このとき丁寧につけると出来上がりがきれいです。熱いので火傷に注意。少々冷めてからのほうがいいかな?

6

高温の油でゴマがと色づくまで揚げてできあがり。

7

ゴマをつけないで揚げずにきな粉や黒蜜などをかけて食べてもgood。もちろんそのまま食べても素朴なかんじでおいしいです。

コツ・ポイント

蒸したあと、ほおっておくと餅が乾燥して胡麻がつかなくなります。そういう時は蒸し器の中に戻して少し蒸すとまた胡麻がつきます。

このレシピの生い立ち

白玉粉で作った餅にサツマイモ餡を入れて
胡麻をつけてあげる、という当初の案が変化して…。サツマイモのお餅は沖縄料理のニームツ、というものを参考にしました。   と書きましたが後で調べたところ『ニームツ』沖縄料理じゃないみたい…?
レシピID : 78320 公開日 : 03/02/06 更新日 : 03/02/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」