第123の隷使緋:オムライプリル

第123の隷使緋:オムライプリル
「晩御飯はプリンだよ。」
「いや、どうみてもオムライスじゃん。」
「・・・」という気まずい隷使緋。でも可愛いじゃろ

材料 (4個分)

1.5合
鶏肉
100g(ももorむね)
玉ねぎ
中1/2個
にんじん
1/4本
塩①
小さじ1/4
コショウ①
チョロ
バター
20g
大さじ2
1/2個
ケチャップ①
大さじ2.5
ウスターソース①
大さじ1
ポーションミルク
2個(スジャータなど)
塩②
小さじ1/4
乾燥パセリ
チョロ
M3個
大さじ1
マヨネーズ
小さじ2
塩③
チョロ
砂糖
チョロ
プリン型
1個
ケチャップ②
大さじ2
ウスターソース②
小さじ1
小さじ1/2

1

米を研ぎ、ざるにあけ1時間放置する。鶏肉は1cm未満の角切りにする。玉ねぎ・にんにくは通常より細かくミジンギリオン。

2

フライパンを弱火にかけバターをしき溶けたころに玉ねぎを投入する。飴色手前まで10分くらい炒める。 

3

火を強め、鶏肉とにんじんを入れ、塩①・コショウ①・白ワイン・固形コンソメを加え鶏肉に火が通るまで炒める。米を加える。

4

へらなどで返しながら全体が透き通るまで10分程炒める。火を止め荒熱がとれたら炊飯器の釜へ移し1.8合目盛りまで水を投入。

5

釜にケチャップ①・ソース①・ミルクを入れ炊く。炊き上がったら塩②をふり味を調える。パセリをふってチキンライス完成とする。

6

ケチャップ②・ウスターソース②・酒を合わせ、ソースを作っておく。カラメルソースはいい、プリンじゃないもの。

7

器に卵を割り、よく混ぜる。ふるいなどで片栗粉をふり入れ、マヨネーズ・塩③・砂糖を加え、さらに混ぜる。

8

卵液をざるなどで漉す。フライパンに薄く満遍なく油をしき、中火にかける。卵の1/4を入れ、フライパンを回して広げる。

9

写真

上面が固まってきたら、フライ返しや菜箸を駆使し、折りたたまないよう注意しながら持ち上げ、プリン型に中心を載せる。

10

写真

1方向だけ卵がズリっと堕ちないよう注意しながら、ここにチキンライスを少しずつ載せていく。

11

写真

型一杯にチキンライスを載せたら、しゃもじやヘラなどで押し固める。卵は中に収まるようにたたむ。

12

写真

器に逆さに載せ少し待ち、型をスポっと抜く。上面にソースを塗るとタイトル下の写真のようになる。断面はこの写真のようになる。

13

コツ・ポイント

コツ・ポイントは上の写真とともにある。
卵が破れたり、変な風に型に堕ちてしまっても
迷わず進んで次の1個で成功させてくれ。
もし、もう一度作る事があったら、
8年前に言えなかったコツ・ポイントを教えるよ。
じゃ。

このレシピの生い立ち

これだけの材料・これだけの工程をいかに間違えず入れられるか、間違えずに入れたら先生から褒美としてバレーボールがもらえるという映画「オムライスバレー」の舞台あいさつを見てきて、作ろうと思った。
レシピID : 786791 公開日 : 09/04/19 更新日 : 10/06/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

14 (13人)

10/12/10

写真

話題入り前から気になってました。中身美味す。ア・ラ・モード風にて

LittleBall

おーすっごいのありがとます。古い喫茶店に行きたくなりますた。

10/11/29

写真

「夕飯はプリンだよ」て言う前に「わぁ可愛いオムライス❤」だって…

zakkiiM

星、ありがとうございます!先に言われると気まずいっすねぇw

10/11/23

写真

プリンっすか(笑)オモロ〜!!(≧0≦*)ノ"

☆番長もり☆

ソース部分のカラメルっぽさ№1っす。ありがとうございますね。

10/11/12

写真

完成度低し!ヒョウ柄プリンで、めんご、めんご~

demy427

景気回復より難しいと云われるこの隷使緋あいがとうござます!

jue@www 2009年04月19日 02:23
すごく子供受けしそう。
このアイデア、頂きました(^^)
みほみほん 2009年04月19日 09:15
かわいくてかわいくてたまりません。
あ~  私が犬なら おなかを上にして
ゴロゴロと のたうちまわるくらい 絶対服従★
albino 2009年04月19日 16:29
>jue@wwwさま

ですかねですかね?
卵を剥がすとお子様ランチのご飯ですし、
喜んでもらえるかもしれませんね。
お子様がプリンだ!プリンだ!などと喜んでくれたら、
拙者三国一の幸せ者であります。
なお、お試しの際は、
特に工程9~11が難所ですのでご注意ください。

>みほみほんさま
いわゆる『ヘソ天』ですね。
…と書いたら『ゲソ天』食べたくなりました。
そんなにもこんなにも
かわいがられて光栄です。
顔を書いてみようか?という気になってきましたよ。
いずれ『オムオムプリン』としてサンリオへ羽ばたけ!