手作り餃子の皮 

手作り餃子の皮 
皮から作ると、いつもの餃子も一味違います。粉と水分の量を間違えなければ、初めてでも、上手に作れると思います。

材料 (皮100枚分)

350g
薄力粉
350g
熱湯
350g
鶏がらスープの素
大さじ2杯
薄力粉
適量(打ち粉)

1

写真

強力粉と薄力粉はふるってボールに取る (粉ふるい器があれば便利)。鶏がらスープの素を熱湯に溶かしておく。

2

写真

ボールにふるった強力粉・薄力粉を混ぜ、鶏がらスープを4-5回に分けてボールに流し込みながら、粉に混ぜる。

3

写真

最初はポロポロとまとまらないが、水分が全体に行き渡るように混ぜていく。

4

写真

水分が行き渡るに連れて、粉がまとまってくる。どうしてもまとまらなければ、水を小さじ1杯足して様子を見る。

5

写真

粉がまとまったら、まな板に移す。平たく伸ばした生地を重ねるように、こねていく。表面につやが出るまで練る。(目安10分)

6

写真

粉を丸くまとめて、表面にラップをし、約30分生地を休ませる。この状態での重さは約1kgとなるはず。

7

写真

まな板に生地を取って、8等分する。8等分した生地を、それぞれを細長く伸ばして棒状にする。

8

写真

棒状の生地を約10gづつの小さなボール状の生地に切り分ける。

9

写真

ボール状の生地を麺棒で押しつぶし、中央から端に向かって丸く伸ばす。端に行くほど徐々に薄くなるように延ばすと上手にできる。

10

写真

できた皮は、くっつかないように、十分に打ち粉をして重ね、乾かないように上からぬれたふきんをかけておく。この状態で冷凍可。

コツ・ポイント

生地は最初「こんなに粉っぽくて大丈夫?」と言う感じですが、もしまとまらなければ、水を小さじ1杯 (一度にそれ以上は絶対足さないで) 加えて様子を見ます。大抵それで十分です。打ち粉はしっかり振り、くっつかないように、早めに餃子を包みましょう。

このレシピの生い立ち

我が家の餃子は数が凄い。5人家族で1回に軽く100個は作ります。余った分は、翌朝の子供たちの朝ごはんに回ります。一袋だと大した値段じゃない市販の皮も、100個も作れば馬鹿になりません。「たまには皮から」と手作りしちゃいました。
レシピID : 787332 公開日 : 09/04/19 更新日 : 09/04/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

13 (13人)

11/06/13

写真

扱いやすい!! めっちゃ美味しく出来ました♪ 

ピロ~ミ

おいしそうですね。作っていただいてありがとうございます。

10/09/30

写真

前の写真ですが何度もリピしてます。もう市販の皮は使えません!

akiberry

お上手ですね。作って戴いて有難うございます。

10/07/29

写真

姪っ子二人おじいちゃんと息子と大人数で楽しく作りました。美味!!

ともこ629

うわあ楽しそうですね。できあがりもとってもお上手です!

10/07/03

写真

10人目かな? もっちりでした~♪残りは何に使おうかな☆

*あさみゃん*

お返事、遅くなってごめんなさい。作ってくれてありがとう。