春キャベツの混ぜずし

春キャベツの混ぜずし
焼き魚と甘酢生姜のおすし。春キャベツを混ぜるとあっさり軽い。

材料 (2人分)

ご飯
1合分
焼き魚
大一切れ分
甘酢生姜(刻んで)
大さじ2
春キャベツ
大1枚
20~40cc

1

焼き魚の骨を除き、身をほぐす。魚の上にご飯をのせ、レンジで少し加熱し、全体が熱くなったら、すし酢を回しかける。

2

ご飯は混ぜずにそのまま蒸らしておく。春キャベツを1センチ幅に刻み、さっと蒸すか、レンジにかけてしんなりさせ、水気を切る。

3

刻んだ甘酢生姜とともに、キャベツをすし飯に加える。底からおこすようにして、全体をよく混ぜる。

コツ・ポイント

魚は何でもよいです。さば、あじ、さんまあたりがおすすめ。すし酢をかけたご飯と魚は、混ぜずに少し蒸らすと味がよく馴染みます。甘酢生姜の味によって、すし酢の量を加減してください。

このレシピの生い立ち

家族分より1尾多く入っていたさんま。大抵、一緒に焼いてしまって、こんなふうに繰り回します。春キャベツで軽くしてみようという思いつきです。
レシピID : 790464 公開日 : 09/04/22 更新日 : 09/04/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」