リンゴ酵母ストレート法でおっぱいパン焼く

リンゴ酵母ストレート法でおっぱいパン焼く
ストレート法(完成酵母液をそのまま)でのレシピ
ごまとチーズのカイザーパン。
おっぱいパンみたいになっちゃいました?

材料 (3人から6人分)

4g(発酵しすぎないように)
液種(酵母液のみ)
130g
砂糖
4g(発酵補助)

1

写真

液種を酵母液から、種などをのぞいて用意する。
(酵母液完成は4日のものです。)

2

ボールに液種をいれ、砂糖を入れ、強力粉と塩を入れて、混ぜ合わせて、こねる。(手こねなら15分位、機械なら10分位)

3

こね方は、20回位、紅葉や楓の葉の形に生地をのばし、表面をすべすべにして丸める。ボールにオイルを塗り半日位一次発酵させる

4

写真

軽く丸め直して、2時間位二次発酵し、ごまと十文字に切り込み真ん中にチーズを置く180度から200度で、20分か15分。

コツ・ポイント

リンゴ酵母の見極めは、むずかしいです。元種も作り始めたがにおいがきつくなり始める。ストレート法を最初に試行してみました。
自家製酵母の場合は、焼きは高温の方が良いという事を後で知りました。今象印のHBで元種で食パン焼きコースで満足

このレシピの生い立ち


ღライチღさんのレシピ の自家製リンゴ酵母ちゃん❤を試してみました。砂糖をラカントSを使用で発酵悪く液種は4日。自家製酵母でもっちりとした少し酸味とりんごの香りのおいしいパンでした。1時発酵は半日かかりましたが、2時発酵は2時間位で、

レシピID : 791355 公開日 : 09/04/23 更新日 : 09/05/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」