桜薫る鯛飯

桜薫る鯛飯
桜茶で桜の色と香りをつけた鯛飯です。春の風情を食卓に。

材料 (4人分)

真鯛
2匹
桜茶
適量
2合
大さじ2
しょう油
小さじ1
小さじ1
昆布
1枚

2

写真

きれいなサクラ色をした桜鯛です。鍋に入るサイズを選んで下さい。はらわた、うろこを取って水気を切って塩をしておきます。

2

土鍋に水400ccと昆布を入れ、酒、しょう油、塩を加えて弱火にかけます。沸騰する直前で火を止め、冷ましておきます。

3

写真

桜茶は塩気を切って水で軽く洗って塩を落とします。
米2合を洗ってざるにあけて水気を切ります。

4

写真

10分ほどおいた鯛をグリルで5分ずつ強火で焼いて焼き色をつけます。

5

だしに米を入れて鯛をのせます。中火にかけて沸騰したところで,弱火にして桜茶を散らして10分まちます。

6

写真

しばらく蒸らしてふたを開けると春の香りが・・・できあがり。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

桜のさく頃サクラ色になるという鯛に、桜茶の香りをつけた春の鯛飯です。
レシピID : 798953 公開日 : 09/05/03 更新日 : 09/05/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

14/05/06

First tsukurepo mark
写真

良い風味の鯛飯が出来ました☆素敵なレシピありがとうございました♪

アイロ☆

レポありがとうございます(^-^)/