ベーグル

ベーグル
生地作り&1次発酵は、
ホームベーカリーにお任せ♪

材料 (5個分)

○全粒粉
50g
○胚芽(あれば是非)
大さじ1
1個分
○砂糖
4g(小さじ1)
○蜂蜜またはモラセス
10g
○塩
3g
○水(人肌の温度)
130g
インスタントドライイースト(私は赤サフを使用)
2g(小さじ2分の1)
●お湯
800cc
●蜂蜜またはモラセス
大さじ2
卵白(ドリュールとして使う)
少々
ゴマまたはポピーシード(あればで良い)
少々

1

写真

胚芽を、フライパンで2〜3分炒る。(胚芽があればで良い。)

2

写真

たまごを黄身と白身に分ける。

3

写真

HBに○を入れ、ドライイーストを所定の場所に入れ、生地作り&1次発酵スイッチオン。

4

写真

1次発酵まで済んだら、生地を取り出す。やわらかい生地なので打ち粉がしたくなるかもしれませんが、打ち粉はしない。

5

写真

5等分にして丸める。

6

写真

麺棒を使い、10×15cm程度の長方形にのばす。生地が多少べたっとしますが、打ち粉をしない方が後の成形が楽です。

7

写真

生地を奥から3分の1折る。

8

写真

今度は手前から折る。

9

写真

更に、半分に折る。

10

写真

合わせ目を手のひら(手首に近いところ。写真参照)でぐっと押して閉じる。

11

写真

長さ約26〜27cm(是非計ってみて下さいね♪)の棒になるまで、両手でしっかり中央から両端へ押しながら転がして伸ばす。

12

写真

麺棒を使って、一方だけつぶす。

13

写真

平らにした端でもう片方の端を包み込んでしっかりと閉じ、ドーナツ状にする。

14

写真

指でギュギュッとつまんで、しっかり閉じました。閉じ目がある方が裏側になります。

15

写真

ひっくり返しました。こちらが表側です。

16

写真

打ち粉をした台に、手順14で出来た閉じ目を下にして、間隔を開けて並べる。

17

写真

濡れ布巾をかけて15分寝かせる寝かせている間にケトリングの準備。フライパンか鍋に水800ccを入れて加熱する。

18

写真

沸騰直前に蜂蜜(またはモラセス)を加えて混ぜ、火を止める。

19

写真

生地を手順20の鍋に入れる為、生地を両手でそっと優しく持ち上げる。生地がやわらかく伸びやすいですが、少々伸びても大丈夫。

20

写真

沸騰直前まで温めた手順18(火は切っておく。)に、生地を片面30秒ずつ両面つける。

21

写真

水気をよく切って取り出し、オーブンシートを敷いた天板に、手順14で出来た閉じ目のある方を下にして並べる。

22

写真

生地の表面に刷毛で卵白をたっぷり塗る。

23

写真

あれば、ごま(またはポピーシード)を振りかける。

24

写真

ごま(またはポピーシード)を指の腹で優しく押して生地にくっつける。

25

写真

220度に余熱したオーブンに入れ、18〜20分焼いたら出来上がり。私はヘルシオプロのウォーターオーブン加熱で焼きました。

26

写真

知人のモントリオールベーグルの話に興味を持ったのがレシピ作りのきっかけ。手順26の写真はそのモントリオールベーグル。

コツ・ポイント

手ごねも可能。充分に手で捏ねた後、30分程度発酵。手順11は、是非計って26〜27cmに。手順18は、フライパンが口が広くてケトリングが楽。手順20では沸騰直前で火を消し、グラグラ煮ない。卵白が少々残りますので、他の料理に使って下さい。

このレシピの生い立ち

配合は「辻調の楽しい食卓 製パンベーグル(Act On TV)」を参考にしました。手順も変え、味付けと風味も私好みに仕上げたので、元レシピとはかなり違います。関連日記 http://cookpad.com/diary/1113510
レシピID : 800082 公開日 : 09/05/10 更新日 : 12/06/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (1人)

09/09/03

写真

打ち粉忘れてこんな形に!ごめんなさい!明日のお茶用に10個作成。

ブランディ

この生地扱いにくいよね。リピとっても嬉しいです!有り難う!!

09/05/14

写真

ドライイーストと定規を買って再挑戦。ちょっと進歩したようで嬉しい

ブランディ

お!美しい!素晴らしいです!つくれぽ有り難うございます!

09/05/12

First tsukurepo mark
写真

べーグル初挑戦!成型がXだけど味は最高!うっし~さんありがとう!

ブランディ

成形キレイですョ!速攻でつくれぽ嬉しい♪有り難うございます!