味噌ダレでいただく!白菜と春雨の餃子★

味噌ダレでいただく!白菜と春雨の餃子★
京都の小さな名店の味を再現。 「大学生になるまで、醤油ベースの餃子ダレを知らなかった」そんなnwnw家のソウルフード!

材料 (3人分 〜78個分〜)

市販の餃子の皮(大判)
3袋(26枚×3袋)
〜具〜
 白菜
1/2玉
 緑豆春雨
80g
 豚肉バラ・ロース薄切
440〜450g
 醤油
小さじ2
小さじ1
 (味の素)
少々
〜タレ〜
 水
75cc
大さじ1
大さじ1
 ★砂糖
小さじ2
 ★和からし
小さじ1
〜焼く時〜
 水
たっぷり
適宜
〜食べる時〜
 ラー油
お好みでタレに…

1

白菜を、塩を一つまみ入れた熱湯でさっとゆで、あらミジンに切る。
ミジンにする際、白菜を、よ〜〜〜く絞りながら切る。

2

春雨80gも、ゆでてざっくりミジン切りに。

3

写真

1・2に、生の豚肉を細かく切ったもの、ニンニクミジン切り、醤油・ごま油を入れ、混ぜる。(お好みで味の素)
ぐちゃぐちゃ♪

4

写真

「ギャザーは片側派?両側派?」お決まりの会話をしながら、包む♪

5

写真

タレ作り。
水75ccに、★印を入れ、よく混ぜる。

材料は多いが、簡単!

6

写真

熱した(200度)ホットプレートなどに油をひき、餃子を並べる。
餃子が1/4ひたる位の水を入れ、フタを閉め蒸し焼きに。

7

写真

7分位でフタを開け、水分を飛ばす。

水気が無くなったら、餃子の回りにごま油を回し入れ、焦げ目がついたら出来上がり!!

8

写真

お好みで、味噌ダレにぜひラー油を垂らしてお食べください♪

コツ・ポイント

白菜はとにかく水気を切る!皮が破れやすくなります。

焼く時、水を入れ過ぎて水が飛ばない時は、キッチンペーパーなどで吸い取って下さい。

この量で私は市販の皮3袋を使い切り、一握り具が余りました。
余ってしまった具はスープにしてもいいかも。

このレシピの生い立ち

ーー生まれ育った京都にある、カウンターだけの小さな餃子屋さんーー
両親の行きつけだったためこの味で育ちました!
母が懸命に再現してくれたのが、このレシピです★(再現率80%!?)

京都にいれば絶対お店に行くんですが、今 東京住まいなので…
レシピID : 800513 公開日 : 09/05/06 更新日 : 09/05/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」