切干大根のツナ缶キムチの素炒め

切干大根のツナ缶キムチの素炒め
10分もかからずに出来る超速攻簡単レシピ。
おつまみにもご飯の友にもおすすめ。
新しい切り干し大根の食べ方ですよ!

材料

桃屋のキムチの素
大さじ1.5~3程度
切り干し大根
1袋(我が家は100g入を使用)
ツナ缶
1缶
サラダ油
適宜

1

切り干し大根を戻す。熱湯をざーっとかけて水洗いし、ギュっと絞っておく。

2

熱したフライパンにツナ缶を開ける。油漬なら油ごと。スープ漬缶はスープを切って、サラダ油を大さじ1程度を炒め油として敷く。

3

戻した切干し大根を炒める。全体に油が回ったら、キムチの素を入れて馴染ませる。塩気・辛さはお好みで素の量を調節。

4

盛り付けて完成!

コツ・ポイント

私はポリポリとした切干大根の食感が好きなので、 あまり戻し過ぎないようにしています。
柔らかめがお好きな方は、戻す時間をアレンジしてみてくださいね。

このレシピの生い立ち

どこかの病院の待合室で読んだ料理雑誌に出ていた投書のレシピを覚えて帰って以来ずーっと作り続けています。分量のないレシピでしたが、簡単で気に入ってしまい、以来我が家の常備菜です。
レシピID : 801379 公開日 : 09/05/06 更新日 : 09/05/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」