宮保鶏丁(鶏肉とカシューナッツの炒め)

宮保鶏丁(鶏肉とカシューナッツの炒め)
鶏肉、カシューナッツ、アスパラ、パプリカ、唐辛子を使った炒めものです。酸、甜、辣、苦、鹹の五味を楽しむことができます。

材料 (4~6人前)

主材料
鶏もも肉
300g
カシューナッツ
80g
アスパラ
3束
赤パプリカ
1/2個
黄パプリカ
1/2個
オレンジパプリカ
1/2個
ねぎ(白いところ)
1/2本
適量
適量
香辛料
朝天椒(四川唐辛子)
12個
四川花椒
大さじ1
下味
しょうゆ
大さじ1
老酒
大さじ1
少々
こしょう
少々
溶き卵(全卵)
大さじ2
適量
混合調味料
しょうゆ
大さじ4
砂糖
大さじ2
大さじ2
老酒
大さじ2
金貨ハムスープ(希釈)
大さじ2
仕上げ
水溶き片栗粉
大さじ1
大さじ1

1

鶏もも肉は一口サイズに切る。しょうゆ、老酒、塩、こしょうを加えて手でまぜる。

2

写真

カシューナッツはサラダ油につけておく。こうしておくと素揚げのときにきれいに仕上がる。

3

ここまでの作業は、前日に行っておく(鶏もも肉は冷蔵庫へ)。時間がない場合は、少なくとも1時間前に行っておきたい。

4

アスパラはピーラーで皮をむき、一口大に切る。

5

赤パプリカ、黄パプリカ、オレンジパプリカは、半分に切り、種を取り除く。その後、細切りにする。油通しするので大きめでよい。

6

ねぎ(白いところ)は一口大に切る。斜めに包丁を入れるとよい。

7

しょうがは皮をむき、薄切りにする。にんにくは皮をむき、薄切りにする。

8

朝天椒(四川唐辛子)は半分に切り、種を取り除く。

9

写真

下ごしらえした食材は以上のとおり。一気に調理するため、まとめておく。

10

鶏もも肉に溶き卵(全卵)と片栗粉を加える。

11

鍋ならしした中華鍋に油をたっぷりと入れて160℃くらいに熱する。

12

カシューナッツを素揚げする。きつね色になればよい。焦げないように注意する。

13

カシューナッツをジャーレンにのせて油きりをする。

14

鶏もも肉を油通しする。油の温度は160℃が目安。火が入ったらジャーレンにのせて油きりをする。

15

中華鍋の油を190℃に上げて、アスパラ、赤パプリカ、黄パプリカ、オレンジパプリカ、ねぎを油通しする。

16

火が入ったらジャーレンにのせて油きりをする。

17

中華鍋の油を寸胴などに移して、中華鍋を空にする。中華鍋に大さじ1の油を入れて、弱火にする。

18

四川花椒を中華鍋に入れて炒める。油に香りがうつったら、四川花椒を取り除く。鍋に多少四川花椒が残ってもよい。

19

朝天椒を中華鍋に入れて炒める。焦げやすいの注意する。続けて、しょうがとにんにくを中華鍋に入れて炒める。

20

中華鍋を強火にかけて、油通しした材料をすべて戻す。

21

混合調味料を加えて、味がからむようにまぜる。水溶き片栗粉でとろみをつける。最後にごま油を加える。

22

皿に盛り付けて終わり。

コツ・ポイント

鶏肉の下味はつきにくいので、仕込みは、はやめに行いましょう。混合調味料の比率は、しょうゆが2で他は1と覚えておくとよいです。

このレシピの生い立ち

宮保鶏丁は四川を代表する名菜です。四川料理といえば、麻婆豆腐や青椒肉絲が有名ですが、宮保鶏丁もこれらに負けないくらいおいしい料理です。ピーマンを使うのが一般的ですが、今回はアスパラとパプリカで彩りよく仕上げてみました。味付けは濃い目です。
レシピID : 802006 公開日 : 09/05/09 更新日 : 09/05/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」