伝統の味☆ぬか漬け

伝統の味☆ぬか漬け
ぬか床に野菜を入れておくだけで、味わい深いぬか漬けが・・!
美味しさの秘訣は、毎日、かき混ぜることです^^

材料

いりぬか
1kg
塩(出来るだけ粗塩)
150g
1000cc
3本位

1

鍋に塩と水を入れて煮立て、十分に冷ます。

2

漬物容器にいりぬかを入れ、塩水を少しずつ加え、練る。
耳たぶ位の固さで、味噌よりもやや乾き加減にまとまる感じにする。

3

➁のぬか床に、赤唐辛子を埋め込み、表面を平らにならして蓋をする。
家中で一番涼しい場所に保管する(常温保存)。

4

1週間、キャベツ、人参などを捨て漬けする。野菜は何でも良いが、2~3日毎に取り替える。ぬか床は、1日1~2回かき混ぜる。

5

1週間後、野菜くずを取り除き、本漬けに入る。 好みの野菜をぬか床に埋め込み、表面を平らにならす。

6

写真

カビの原因とならないよう、容器の内側の汚れを拭き取り、蓋をする。キュウリは、夏場は、半日位で漬かります。

7

ぬか床は、夏は1日2回(朝晩)、それ以外は1日1回、底の方から手で良くかき混ぜる。容器は大きめの方が、かき混ぜ易い。

8

写真

↑はぬか床が水っぽくなった時に使うものですが、水分には旨味成分が含まれてますので、ぬかと塩を足して調整する方が良いです。

9

写真

茄子はヘタを落とし、塩をすり込んで漬ける。夜漬けて、朝、食べ頃。ぬか床から出したら、ぎゅっと握ると、実がしっとりする。

10

コツ・ポイント

ぬか床を冷蔵庫で保管する場合も、捨て漬けの間は、発酵を促す為、常温保存します。
風味付けに、だし昆布や山椒の実、青梅などを入れてもOKです。
美味しいぬか漬けを作るには、新鮮な野菜を使うことです。コレ鉄則です!

このレシピの生い立ち

我が家では、20年近くぬか床を作って、野菜を漬けています。 ぬか床をダメにしたことは、一度もありません。
美味しいぬか漬けがあれば、食欲の落ちている時でも、ご飯が進みます。ぬか漬け大好き!

レシピID : 806054 公開日 : 09/05/13 更新日 : 13/10/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (3人)

11/09/18

写真

大根もね。ぬかの味しみ込んでまする。

ユーロン

大根も美味しいですよね!牛蒡や生姜もイケますよ♪

11/08/12

写真

ぬか床を一から作ったのは初☆旦那も大喜びで感謝♡日に〃美味しく~

音々かーちゃん

伝統の味にトライして貰え嬉し♪ぬか床は一生物ですので大事にネ

11/06/07

写真

まだまだ若造のぬか床くんですが、わが家のアイドルです!

yukiyumisa

レポに大感謝!これからの季節、発酵が進み、ますます美味しく♪

10/09/14

First tsukurepo mark
写真

今年の夏たっぷりお世話になりました✿ちょっとお茶うけにもいいしね

ユーロン

わぁ~、何とも美味しそう!ぬか漬けにれぽあるなんて、夢のよう