春巻きの皮で葱パイ風*パリパリノンフライ

春巻きの皮で葱パイ風*パリパリノンフライ
揚げないので、軽くいただけます。フライパンでもパリパリに焼けますよ。

材料

春巻きの皮
数枚
長ネギ
数本
お好みで
ごま油、塩、にんにく醤油、餃子のたれなど
適量

1

春巻きの皮に、そのままか、軽くレンジにかけた葱を散らせて、お好みでごま油や塩を振り、細長くくるくると巻いてゆきます。

2

フライパンに油は敷かないで、弱火で転がしながらぱりっと焼きます。
くるんと曲げて馬の蹄鉄みたいな形でも雰囲気出ます。

3

にんにく醤油, 餃子のたれ等でいただくと美味しいです。

4

もちろん他のお野菜でもOK。ギリシャのパイは、キャベツの酢漬けを包んでしまうとか!
水気は良く切って包みましょう。

5

ヨーロッパでは、ポロ葱とチーズのパイがありますね。
何を包んでも美味しそう。中が出てきそうな時は、春巻き包みで。

コツ・ポイント

焦げないように、弱火でゆっくり焼いて下さい。(焦がすと発癌物質アクリルアミドが生成されますので) 真っ白い状態でも、もうパリパリになっていますよ。 オーブンの場合は、180度、10~15分くらいで。(普通の春巻きも揚げないでオーブンでOK)

このレシピの生い立ち

パイの手作り皮だと、オイルも小麦粉も量的にヘビーな気がします。市販の薄い薄い皮を利用した方が簡単で胃袋にも軽そうだったので。
レシピID : 806833 公開日 : 09/05/13 更新日 : 09/05/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」