銀ダラの煮付け

aboutに作る!

材料 (食べたい分)

銀ダラの切り身
食べたい数
醤油
切り身の数×大さじ 1弱
砂糖
切り身の数×大さじ 1弱
ひたひたになるだけ
用意した銀ダラを重ならないように並べられる大きさの鍋
1つ
鍋の蓋
1つ

1

お鍋に、銀ダラを重ならないように並べた場合ひたひたになるくらいの酒を入れます。

2

"1"に醤油、砂糖を入れてアルコールが飛ぶくらいまで中~強火で煮立たせます。

3

"2"の鍋に銀ダラを重ならないように並べて、蓋をします。火加減はそのまま。

4

煮汁が少なくなりとろみを帯びてきたら出来上がり…なので、そうなってるかチェックする時に煮汁を切り身の上から掛けます。

5

煮汁が少なくなりとろみを帯びてきたので出来上がり。

コツ・ポイント

※切り身の大きさにもいろいろあるので、はじめは醤油、砂糖の量を少なめにした方がいいです。
※切り身の鮮度が気になるときは、生姜のスライスを1切れ当たり2~3枚入れると気になる臭みが取れます。
※とろみ→焦げへの移行は早いので注意!

このレシピの生い立ち

主人の実家直伝!ズボラな私に引き継いでくれた、簡単でおいしいレシピです(^^;)
レシピID : 806849 公開日 : 09/05/13 更新日 : 09/05/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」