鯛とじゅんさいの酒蒸し

鯛とじゅんさいの酒蒸し
5月〜6月の秋田は鯛の季節。
天然の鯛はシンプルに蒸すだけで本当に美味しいです♬

材料 (1匹分)

鯛(20cmくらい)
1匹
適量
昆布
10cm
大さじ1
じゅんさい
大さじ2
みつば、ほうれん草など
適量
おろししょうが
お好みで

1

鯛はうろこ、えら、内蔵を取って、おなかの中もきれいに洗う。
水分をしっかり拭き取る。

2

鯛に塩を振る。
水分を出すためなので、塩焼きよりは少ない量です。
15分以上おく。

3

鯛の表面に出た水分をしっかり拭き取る。
皿に昆布をしき、鯛をのせて、酒を振りかける。

4

湯気の出た蒸し器強火で15分蒸す。
10分経ったらじゅんさいを入れて、もう5分蒸す。今日はわらびも一緒に入れました。

5

鯛を汁につけながら食べましょう。
お好みでおろし生姜をあしらっても。

コツ・ポイント

うちの蒸し器は中華せいろなので15分蒸します。
アルミの蒸し器ならもう少し短いと思いますので10分くらいでお試しを。

このレシピの生い立ち

5月〜6月は鯛が安い!
真っ先に食べたいのが鍋と蒸し物です。



レシピID : 809472 公開日 : 09/05/17 更新日 : 09/05/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」