鮭フレークの散らし寿司

鮭フレークの散らし寿司
高い魚介類はなくてもリーズナブルに出来るおいしいお寿司です。

材料 (約8皿分)

4合
ごぼう
2分の1本
かんぴょう
2分の1袋
茹でたけのこ
80gくらい
人参
2分の1本くらい
干ししいたけ
4、5枚
絹さや
1パック
紅しょうが
少々
高野豆腐
3個くらい
鮭フレーク瓶詰め
1瓶
6個

1

米4合を研いで水を1割り増しにし、酒4分の1カップと出し昆布10~15cm角くらいの入れておく。浸水30分して炊く。

2

ご飯が炊けるまでの間に具を煮ていく。全部の具を準備し手順を考えて。

3

ぬるま湯で高野豆腐を戻し、絞って2cm角(他の具と大きさを揃え)に切り、パッケージの説明書の通りに煮る

4

干ししいたけもぬるま湯でゆっくり戻し、3つ位にそぎ切りに、砂糖大さじ3、しょう油大さじ2.5で焦がさないように煮含める

5

かんぴょうは熱湯で戻し、塩をつけてよくもむ。塩を洗い、2cmに切る。ごぼうは小口切り。人参はイチョウ切り。

6

かんぴょう、ごぼう、人参を出し1.5~2カップ、砂糖大さじ1~2、塩小さじ2分の1くらい、しょう油小さじ2分の1位で煮る

7

絹さやは熱湯で1分半くらい茹で、塩一つまみふっておく。

8

ご飯が炊けたら飯台に移し熱いうちに合わせ酢(酢4分の1カップ、砂糖4分の1カップ弱、塩大さじ3分の2)を温め回しかける。

9

合わせ酢をまわしかけ、切るようによく混ぜてなじませる。

10

煮ておいたかんぴょう、ごぼう、人参をご飯に混ぜ、鮭フレーク瓶詰めも一緒に混ぜる。

11

錦糸卵を焼く。卵を割りほぐし、6個に対して砂糖小さじ3、塩1つまみを3回。白味をよくほぐし、薄焼きを作る。細く切る。

12

寿司飯をお皿に盛り付け、錦糸卵を散らし、しいたけ、絹さやを置き、紅しょうがを飾る。

コツ・ポイント

合わせ酢はご飯が炊き立てで熱いうちに切るように混ぜ、具の野菜もそのときに早く入れて混ぜる事。
具が豪華ではないのと彩りに重要なので卵はケチらずたっぷり使いましょう。

このレシピの生い立ち

うっかり買い物をし忘れた日、冷蔵庫などのストック品から作ったお手軽なお寿司
レシピID : 810703 公開日 : 09/05/17 更新日 : 16/10/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」