自分で作ろう♪真イカの一夜干し

自分で作ろう♪真イカの一夜干し
一夜干しだからって、夜干しちゃいけません。朝に食べるわけじゃないんだから(笑)。しっとりやわらか~い生干せスルメです。炙って一味マヨでどうぞ♪

材料 (2人分)

真イカ
冷凍物1パイ
こんぶ焼き塩
ひとつまみ
【用意するもの】
スカート用のハンガー
挟むタイプを1個
ラップ
5センチ
新聞紙
下に敷く

1

写真

イカは胴から内臓と足の部分をを引き抜き、胴を切り開き塩をすり込み、ミミの部分にラップをしてストーブに近い高所で表面がちょっと乾くまで約6時間ぐらい干します。(水分が出るので下に新聞紙を敷きます。)

2

←びょ~んと高い電気スタンドにぶら下げたイカ君・・・(笑)。

3

写真

イカの形をしたイカ焼き(丸まらないように挟んで焼けるもの。百均で購入。)で焦げ目がつく程度まで両面を炙り、手で裂いて完成です。一味マヨで頂きましょう♪

4

写真

2004.2.29。ストーブを焚いてる冬が最適です。真イカが特売の休みの日は、居間にこーやってイカがぶら~んと・・・(笑)

5

写真

焼く時は極々弱火で火元から離して回すように焼いてね。

6

写真

2004.4.18。湯豆腐の季節が終ったら、日曜日は一夜干しの日になりま~す。旬のアスパラと共にマヨマヨなおつまみ♪

コツ・ポイント

真イカは身が厚くてオススメです。ヤリイカなら干す時間を短めに。ミミをラップで挟むのは、薄い耳が早く干せちゃうからです。ゲソは焼きそばの具にしたりできるので、再冷凍して下さい。イカに目のない猫をお飼の方は気をつけてね(笑)。あ、銀ちゃんが狙ってる~!(笑)

このレシピの生い立ち

昔アルバイトしていたお店のマスターがよくお店に干して作っていました。原価100円なのに、1500円で売ってたなぁ(笑)。ウチの原価は50円♪
レシピID : 81147 公開日 : 03/02/25 更新日 : 04/04/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」