第129の隷使緋:メカブソバルディエル

第129の隷使緋:メカブソバルディエル
『粘るもの』世界ランク1位:納豆、2位:おくら、3位:警視庁24時の暴走族の逃走、に続き4位をキープするメカブの隷使緋。

材料 (2人分)

めかぶ
60g
かつおぶし
一掴み
そば
乾燥2把
醤油
大さじ2.5
大さじ1
大さじ2
砂糖
大さじ2/3
さばぶし・かつおぶし
3掴み
昆布
2切れ

1

700mlの水によく拭いた昆布を入れ煮立たせる。煮立ったら昆布を取り出しさば・かつおを加える。10分煮る。のちに漉す。

2

漉したものを再度煮立たせ、醤油・みりん・酒・砂糖を加えながら、好みのつゆに仕立てる。

3

凝る人はみりん・酒を煮きり、砂糖・醤油を加えて少し煮立たせたものを数日冷蔵庫に放置してからだしと混ぜたらいいと思うよ。

4

そばを茹で、2or3のつゆに落とし、めかぶとかつおぶしを散らしたらできあがり。かき揚げはいい、揚げるの手間だもの。

5

お好みで七味などを加える。あまり『変哲』のない隷使緋を載せたのは、めかぶが驚くほど予想外の良い仕事をしたから。

コツ・ポイント

コツ・ポイントはめかぶを入れすぎないことね。
人に自慢するほど、美味しかったもの。
入院中の妹を本部の医学部に転院させ、
できれば出汁専用の荒いさばぶし・かつおぶしで
良質な出汁をとるのが彼の出したコツ・ポイントだったのよ。

このレシピの生い立ち

メカジキのメカブ煮という隷使緋を作って、メカらウロコを落とすという、ゆメカら覚めて、東久留メカら来た人に、ななメカら大声でこれを作れと言われた。
レシピID : 811808 公開日 : 09/05/22 更新日 : 09/05/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」