長~い!ちくわパン(明太クリームチーズ)

長~い!ちくわパン(明太クリームチーズ)
札幌名物ちくわパンを勝手にアレンジ。具をツナから明太クリームチーズに変え、ちくわ2本をつなげて長さを2倍にしました^^

材料 (6本分)

ちくわ
12本
◎明太子(orたらこ)
1腹(約30g)
◎クリームチーズ
100g
300g
☆ドライイースト
6g
☆塩
4g
☆砂糖
45g
☆バター
45g
☆卵
30g
牛乳(30℃)
150cc
とき卵(仕上げ用)
適量

1

ボウルに☆の材料を入れる。この時、砂糖とドライイーストを隣り合わせて入れておくようにすると発酵が進みやすくなるそうです。

2

30℃の牛乳をドライイーストと砂糖めがけて入れ、手を大きく広げてざっと混ぜる。粉っぽさがなくなったらしっかりこねる。

3

生地が手につかなくなってきたら、両手で持って体温を生地に移すような気持ちでもんだり伸ばしたりを繰り返す。

4

生地に弾力が出てきたら、生地の端を持ってボウルに叩きつける。生地が伸びてきたらたたんで、また叩きつける。

5

たたむ、叩きつけるを繰り返して、生地が硬くなってきたら両手で持ちよくもんでやわらかくする。たたむ、叩く、もむを繰り返す。

6

5を15回以上繰り返す。生地がなめらかになったらきれいな丸にまとめてボウルに入れ、ラップをかけて30分温かい場所に置く。

7

写真

具の準備をする。ちくわに切り込みを片側だけに入れて開き、◎をよく混ぜたものを1/12量ずつ詰めていく。

8

6の休ませた生地をそっと持ち上げてみて、底の部分が網目状になっていればOK。生地を包丁でスパッと6等分にカットする。

9

6等分した生地をそれぞれきれいに丸めたら、かたく絞ったふきんをかけて5分ほど休ませる。

10

打ち粉をふった台の上に休ませた生地を置き、手で転がしながらちくわ2本の1.5倍の長さを目安に伸ばす。(11の写真上参照)

11

写真

写真のようにちくわ2本を並べたら、生地をくるくると巻きつけていく。生地を引っ張るようにすると巻きやすいです^^

12

写真

6本全て巻き終わったら、30分温かい場所において発酵させる。最後に卵をぬって、180℃のオーブンで15分焼けば完成です。

コツ・ポイント

もともとはツナとマヨネーズを混ぜたものを詰めていました。こちらも美味しかったです(というか、それが元祖)。今後も色々なフィリングを作って試してみようと思っています^-^

このレシピの生い立ち

札幌名物のちくわパン。元祖はどんぐりというお店の物です。美味しいのでまねして作ってみました。生地は竹野豊子さんという方のバターロール生地の配合で最初は作り、その後味を元祖ちくわパンに近づけるために材料を変えて作り直して現在の形になりました。
レシピID : 812541 公開日 : 09/05/19 更新日 : 09/05/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」