基本のぬかみそ♪おうちで漬け物

基本のぬかみそ♪おうちで漬け物
安くて美味しいぬかみそ漬けを家庭で食べよう。1日1回、ぬか床をかき混ぜる手間を惜しまない人なら大丈夫!

材料

ぬか床(ぬかみそ)
いりぬか
1キロ
●水
1200~1500cc
●塩(天然塩)
200~250g
乾燥コンブ
8センチくらい
キャベツ葉(捨て漬け用)
1〜2枚
キュウリのぬかみそ漬け
キュウリ
1本
塩(天然塩)
小さじ1/3

1

※下準備。
容器に熱湯をさっとかけて熱湯消毒をする。水分をよく拭いておく。(熱に弱い容器の場合はよく洗っておく)

2

写真

基本のぬか床を作る。鍋に●の水と塩を入れて沸騰させ、塩を完全に溶かす。火からおろし冷ましておく。

3

ぬかみそ漬けの容器にいりぬかを入れ、2を3回くらいに分けて入れる。水分がなじむように手でよく混ぜる。固い粘土くらいにする

4

写真

唐辛子と乾燥コンブを入れてなじませ、キャベツ葉をぬか床に埋め込むようにする。表面を平にならし容器側面のぬかを拭いフタする

5

写真

1日に1回、ぬか床全体をかき混ぜる。底のほうにも空気が触れるようにすると仕上がりが早い。1週間は毎日する。

6

写真

1〜2週間たったら、捨て漬け用のキャベツ葉についたぬかをよく取って容器に戻し、キャベツ葉は捨てる。ぬか床はこれで完成。

7

写真

キュウリのぬかみそ漬けを作る。洗ったキュウリに塩を全体にすりこむ。

8

写真

ぬか床をよくかき混ぜ、キュウリを埋め込むように入れる。

9

写真

表面をたいらにならす。容器側面についたぬかをキッチンペーパーなどできれいに拭い、フタをする。冷暗所に置く。

10

写真

半日くらいで食べごろになる。(朝に漬けたら夕食時にちょうどいいくらい)キュウリのぬかを良く洗い流して切って盛りつける。

11

写真

★ぬか床のお手入れ。1日に1回は底からかき混ぜる。これをちゃんとすれば良い状態が保たれる(放置すると痛んで腐敗する)

12

写真

★ぬか床に水分がにじんできたらキッチンペーパーかフキンで水分を吸い取る。容器に付属している「水取り」を使うのも良い。

13

★数日間野菜を入れっぱなしにすると、すごくしょっぱくなる。その場合、切って水に5分くらいさらして塩抜きすると良い

コツ・ポイント

捨て漬け用のキャベツ葉は外側の捨ててしまう葉で良い。完成したぬか床は1日に1回はかき混ぜる。出来ない場合は冷蔵庫に入れ1週間に1回〜2回でも平気。夏場はぬかが痛みやすいので冷蔵庫に入れると良い。夏は野菜の漬け時間が短く、冬は長くなる。

このレシピの生い立ち

家で出来る美味しい漬け物が食べたくて
レシピID : 814976 公開日 : 09/05/22 更新日 : 11/10/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

13/07/07

写真

美味しい上に、健康にも良さそうに思えます。

旅する料理人ジロー

おいしそうに漬かりましたね。れぽありがとうございました〜♪

10/07/26

First tsukurepo mark
写真

ぬかみそって本当に美味しいですね!!^^

キラキラン

色とりどりで美味しそうですね!ぬかみそって味わい深いですよね

T1GP実行委員会 2012年09月12日 19:20
初めまして。
私たちはお漬物の日本一を決める大会『T-1グランプリ』を主催している、T-1グランプリ実行委員会と申します。

あなたのレシピを拝見し、
「ぜひ『T-1グランプリ』のことを知って頂きたい!!」と思い、失礼かとは思いましたがご連絡させていただきました。

『T-1グランプリ』とは、世代を超えた日本の食文化であるお漬物を通じて日本の食文化を守り継承していきたい、という主催者の想いで2010年から始まった、お漬物の日本一を決める日本唯一の大会です。参加者は20代から70代までと幅広く、昨年は長野県の方の作品が日本一に輝きました。

現在出品レシピのご応募を受付中で、今年は「漬物」個人の部で優勝賞金100万円、「たくわん」部門優勝者はらでぃっしゅぼーやさんより豪華賞品が贈られます。また優勝作品は商品化の予定です。
(個人の部は出品料などは一切かからず、お一人で何品でもご応募いただけます。)
応募自体もとても簡単です。

NHK等メディアでも多数取材していただいており、詳しくは『T-1グランプリ』で検索していただくと、HPがご覧になれます。

ご応募を、心からお待ちしております。