ありふれたビスケット

ありふれたビスケット
アメリカンな味だ~ね。どこにでもあるようなビスケットなのに、夫はひと口食べて「おいしい!」と呟いた。カパ~ンと上下2つに割って、お好みでバターやシロップ、ジャムなんかをつけて食べてください。

材料 (約18個分)

小さじ1と1/2
バター
大さじ1
牛乳
240cc
打ち粉
適宜

1

ショートニングとバターは冷凍庫で冷やしておく。

2

ボウルにオールパーパス・フラワー、ベーキング・パウダー、塩を入れてよく混ぜる。バターとショートニングを加え、指の腹ですり潰すようにして全体をパン粉状にする。

3

牛乳を加えて混ぜる。かなり柔らかいべたつく生地となる。

4

台に打ち粉をし、生地を移す。生地を丸くまとめたら一旦引っ繰り返し、全体に粉をまぶす。

5

外側から中央に生地を少しずつ折りたたむ。再び引っ繰り返し、同様に生地を折りたたむ。

6

もう1度引っ繰り返してまとめたら、麺棒で厚みを2cm程度に伸ばし、直径6cmくらいの型で抜く。

7

ビスケットとビスケットの間をあまりあけずに天板に並べ、麺棒で1つ1つの生地の中央を軽く押さえる。

8

華氏400度(摂氏200度)に予熱しておいたオーヴンで15分程、焼き色がつくまで焼く。

コツ・ポイント

生地はかなり柔らかいので、優しく扱ってやってください。

このレシピの生い立ち

夫はしょっぱいビスケットが好きだ。甘いスコーンじゃこんな反応は出ない。
レシピID : 81715 公開日 : 03/03/01 更新日 : 03/03/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」