アメリカで☆簡単☆豆腐パイ

アメリカで☆簡単☆豆腐パイ
とっても軽いチーズケーキのような豆腐パイ。アメリカの市販のもので簡単にできます。(2009.5.30 説明を追加)

材料 (2皿分)

Silken Tofu 絹ごし豆腐
1 carton(1丁)
Cool Whip (8oz) ホイップクリーム* (今回はFat Free)
1 box (3Cくらい) (1C = 237cc)
Graham Cracker Crust グラハムクラッカーのパイクラスト
2
Lemon Jello (3oz) ゼリーの素(レモン)** (今回はSugar Free)
2 box (1箱は4人分入り)
Lemon Juice レモン汁
2T(大2) - Table spoon
Grated Lemon Rind レモンの皮すりおろし
2T(大2)
Boiling Water 熱湯
2C(2カップ) 

1

Jelloに熱湯を加え、完全に溶けるまでよく混ぜる。10~15分おいてさます。(少なくとも指で触れるくらいまで。)

2

ボウルに豆腐を入れ、ぐちゃぐちゃとよくかき混ぜてペースト状にする。

3

そこに、さめたJello液、Cool Whip、レモン汁、レモンの皮を入れてよく混ぜる。

4

混ぜた液をパイクラストに入れ冷蔵庫で冷やす。

5

写真

* Cool Whipは泡立て済み砂糖入りで、冷凍セクションで売っています。写真は名前が違いますが同じものです。

6

写真

** Jello:ゼリーの素。これのレモン味を使います。
1箱で4人分(2C)できる分量が入っています。

7

**日本の市販品を使う場合は、使う水分をレシピの半分にして、3のゼリー液が450-470ccになるように作ってください。

コツ・ポイント

★レモン味が一番おいしい。他の味でもできます(オレンジジュースとオレンジの皮でやってみました。)が、豆腐だとバレるかも。
★私はちょっと酸味があったほうが好きなのでレモンジュースをかなり多めに入れます。

このレシピの生い立ち

紀法美さんがお友達から聞いたというレシピです。アメリカ人にも大好評。豆腐だとわかる人は少ないです。
レシピID : 818862 公開日 : 09/05/26 更新日 : 09/08/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

11/11/27

写真

好き嫌いが激しい彼氏の姪と従弟が、パクパク食べてました!

ayako0chan

初のつくれぽが私のレシピだったと知って感動!ありがと。

11/08/23

写真

最後に上にもホイップをのせて。簡単で美味しく、何度も作ってます

KcoBarney

素敵に作ってくださってありがとう!返信遅れてごめんなさい。。

09/06/16

First tsukurepo mark
写真

簡単にできてしかも爽やかで美味しい!ついつい食べすぎました(笑)

えんじぇりーな

れぽありがとう!チーズケーキ苦手な友人もお代わりしてました。

Profile MimiG321 2009年08月27日 07:05
チューリップガールさん:

初めまして。 お豆腐は健康に良いと言われますが、お豆腐が大の苦手な私。 このレシピを観た途端、これなら平気でバンバン食べれそう…と思いました。 ところでこのお豆腐は何オンス位ですか? 使用されているのはモリニュウ?それともアズマ豆腐?又はHouse 豆腐? 兎に角普段お豆腐は買わないので、全然検討が付きません。
余りにも美味しそうなんで、是非作ってみたいと思います。  他にも興味をそそられるレシピがいっぱい。
今後も色々作らせて頂きたいと思います。
色んなレシピ、楽しみに待っていますね。 頑張って下さい。
Mimi
Profile チューリップガール 2009年08月27日 11:31
Mimiさん:

コメントをありがとうございました。ほとんど来ることがないので大感激です。
お豆腐は(今冷蔵庫に行って見てきたら)16オンスでした。どこのメーカーでも大丈夫です。ただし、必ずSilken(絹ごし)をつかってくださいね。MediumやFirm(木綿、超木綿)とかを使ってしまうと滑らかにならず、豆腐だとバレバレになると思います。
とても軽いデザートができるので、ポットラックに持っていってダイエット中の人がいても「Fat Freeだよ。Cool Whip以外はSugarもFreeだよ」というと気軽につまんでくれます。
是非作ってみてくださいね。れぽ、楽しみに待っています。
ありがとう!
Profile チューリップガール 2009年08月29日 03:02
お返事の追加です。
スーパーに行って他の豆腐を見てみたら、14オンスでした。14~16オンスと訂正しておきます。
つまりは、適当でいいってことです。