かぶ餅の豆乳クリーム塩あんみつ

かぶ餅の豆乳クリーム塩あんみつ
蕪の辛味や甘みが残ったお餅、蕪葉の鮮やかな緑の寒天、金時豆の甘みを塩で引き出した餡、豆乳と蜂蜜の幸せな甘みがまとめます。

材料 (4人分)

蕪餅
中2個
粗塩
少々
大匙3
大匙3
豆乳クリーム
200ml
大匙1
粗塩
少々
甜菜糖
大匙3
塩ポン酢
適量
塩餡
金時豆
カップ1/2
粗塩
少々
甜菜糖
大匙1
黒胡麻
大匙3
蕪葉かん(or市販のみつ豆)
蕪葉
1枚
粗塩
少々
100ml
寒天パウダー
5g
トッピング
適量
金時豆(塩ゆで)
適量
枝豆(塩ゆで)
適量

1

■トッピング
枝豆を塩茹でて冷やしておきます。
お好みのお豆でどうぞ。
果物なら柑橘系やキウイが合いそうです。

2

金時豆は洗って半日以上水に浸し、塩少々を入れて柔らかく煮ておく。トッピングの分を少量分け、冷やしておく。

3

写真

■塩餡
金時豆は洗って半日以上水に浸し、塩少々を入れて柔らかく煮ておく。トッピングの分を少量分け、冷やしておく。

4

■蕪餅
蕪を摩り下ろして、粗塩、片栗粉、米粉を混ぜ、ラップなしで電子レンジで2分加熱する。

5

レンジから出して、掻き混ぜ、再度2分加熱。
緩めの餅状になり、透明感が出てくるまで、2分加熱⇒掻き混ぜをくりかえす。

6

写真

緩めの餅状になったらビニール袋に移し、流水で粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
熱いうちは緩めでも、冷やすと多少固まる。

7

■豆乳クリーム
片栗粉、塩、甜菜糖と豆乳を混ぜ、電子レンジで2分加熱し、出してすぐに掻き混ぜる。

8

写真

味をみながら適量の塩ポン酢を入れて、再度2分加熱。 クリーム状になったら、粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。

9

■蕪葉かん
蕪の葉に塩を振り、揉んでみじん切りにしておく。
水に混ぜた寒天を温めて溶かす。

10

写真

寒天が少し冷めたら蕪葉と混ぜ、バットに移して、粗熱を取って冷蔵庫で冷やす。
固まったらサイコロ状に切り分ける。

11

材料が冷えたら、カップに盛り付けます。
画像の盛り順は、
底に、塩餡、蕪葉かん、金時豆、枝豆、豆乳クリーム。

12

中に、小分けにして丸めた蕪餅、塩餡、豆乳クリーム。
上に、蕪葉かん、金時豆、枝豆、豆乳クリームと蜂蜜をかけたら完成。

コツ・ポイント

蕪餅や、豆乳クリームなど、電子レンジで硬さを調整していくので、ムラにならないように、2分づつ加熱して掻き混ぜて、様子をみながら固めていきます。
豆乳クリームは、柑橘系の香りを入れると豆乳臭さが消えます。レモン汁や穀物酢でも効果があります。

このレシピの生い立ち

畑でたくさん採れた蕪を使って、大根餅やじゃが芋餅のような根菜のお餅に出来ないかなーと思って作ってみました。
蕪のやさしいうまみを生かすように、考えました。
レシピID : 818989 公開日 : 09/05/27 更新日 : 12/06/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」