かきまぜ御飯 母の味

かきまぜ御飯 母の味
まぜご飯のことをかきまぜといいます。
醤油の美味しい小豆島でうけつがれる味。
ご飯と具を別に作って混ぜます。

材料

1升
油揚げ
1枚
醤油
1合
ちくわ
2本
人参
1/2本
ごぼう
1/2本
コンニャク
1/2枚
干ししいたけ
4枚
大さじ2

1

少し水を控えて硬めに御飯を炊く。

2

ごぼうはささがきににし、酢水でさっとゆでて、ざるに上げておく。

3

こんにゃくは小さく切って、ゆでてざるにあげておく。

4

油揚げは湯にくぐらせて、小さくきっておく。

5

干ししいたけは、水に戻してから、小さくきっておく。

6

ちくわ、人参も小さめにきっておく。

7

鍋に切った具を全部入れ、醤油、酒を加えて中火で煮る。

8

ご飯が炊き上がったら、7を煮汁ごとまぜる。

9

煮汁は、味を見ながら加減してください。

コツ・ポイント

米一升に醤油1合、油揚げ1枚が基本です。後はいろいろアレンジできあます。
醤油の味がきいて、炊き込みご飯より味が濃く、ご飯を炊いてから混ぜるので、味に濃淡できます。 たけのこや他のお好みの具を混ぜてもおいしいです。

このレシピの生い立ち

小豆島の小豆島町では、ことあるごとに、このかきまぜをつくります。まさしく、「母の味」です。
レシピID : 820208 公開日 : 09/05/28 更新日 : 09/05/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Profile きたまり 2009年06月02日 08:58
簡単でとっても家族に好評!美味しかったです!
竹輪が無かったので鳥の胸肉を入れました。