フェジョン

ブラジルの国民食です。インゲン豆を煮て塩味を付けたもの。見た目はあんこみたいです。

材料 (2人分)

フェジョンプロット(インゲン豆)
1cup
玉ねぎ
1/2個
1片
サラダ油
大さじ 1
小さじ 1弱

1

豆を一晩水につけ、柔らかく茹でる。
※私はフェジョンカリオカが好きですが、国産の豆なら、うずら豆、金時豆、手亡などが良いでしょう。

2

みじん切りにした玉ねぎとニンニクを油で透明になるまで炒め、豆を加えたら木べらでつぶすようにしながら更に炒める。

3

どろっとなる程度に好みで茹で汁を加え、塩で味を調える。

コツ・ポイント

フェジョアーダという料理を知っている方も多いと思いますが、肉がたくさん入っているフェジョンの豪華版です。レシピはもっともシンプルなものを紹介しましたがベーコンなどを入れるとさらにおいしいです。 ブラジルではご飯の上にフェジョンをかけその上にファロッファというマンジョカ粉(キャッサバ=タピオカの原料)を炒ったものをかけて食べるそうです。

このレシピの生い立ち

フェジョンプロットはブラジルの黒インゲン豆です。英語ではブラックビーンズと言われるようで、時々「黒豆」と間違って紹介されていることがありますが、日本の「黒豆」は黒大豆のことなので、まったく異なるものです。
レシピID : 82271 公開日 : 03/03/05 更新日 : 03/03/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
tucano 2003年03月07日 06:07
Tucano です。
すごいブラジルの事詳しいですね。
マンジオカ粉とかカリオカ豆まで指定してくるとはかなりブラジル通!
豆料理は所得の低いブラジル人達が安くて腹持ちが良いものという感覚で食べ始められたように思います。もちろん好きで食べている人もいっぱい、いますけど。私の住んでいる町はブラジルの中でもあまりブラジルらしくない(笑)町なのですが小豆を煮る時みたいにただ煮て塩で味付けして食べるのが一番ベーシック。人それぞれたまねぎを入れたり他の野菜を入れたりするようです。私はちなみにトマトを入れるのが好き。
今 http://www.glocha.jp/ のサイトで
ブラジルのことについてコラムを書いているのでもし興味があれば覗いて見てください。