日本のクラムチャウダー

日本のクラムチャウダー
思い立ったら15分で完成。ニューイングランドスタイルのクラムチャウダーを、さっぱりいただける和テイストで仕上げました。

材料 (4人分(おかわり可能))

あさり
小玉、1パック
サラダ油
大さじ1
日本酒
100cc
マッシュルーム
6〜8入りのもの1パック
玉ねぎ
1/2個
ベーコン
朝食2人前くらいの量
バター
大さじ1を二つ
薄力粉
大さじ山盛り2杯
800cc
チキンコンソメ、ブイヨン等
水の分量にあわせた量
白胡椒
少々
香草(アサツキ、万能ネギ等)
好みで
必要であれば

1

あさりはよく洗って砂抜きする。マッシュルーム、玉ねぎ、ベーコンはみじん切りにする。香草は小口に切る。

2

あさりの酒蒸しを作る。鍋を熱してサラダ油を入れ、アサリを投入したらすぐに酒を加えてフタをする。口が開くまで火を通す。

3

鍋をさっと洗って、バターでみじん切り材料を炒める。アサリは身と汁を分け、殻は捨てる。汁は念のため濾しておく。

4

みじん切り野菜がいい香りになれば、小麦粉を投入し、ひとまとまりになるまでじっくり炒める。

5

火から下ろし、あら熱を取ったら、再度火にかけ、水を何度かに分けて、都度完全にダマがなくなるまで混ぜる。

6

沸いてくれば、火を小さくし、チキンコンソメ、ブイヨン等を、水の分量に対して規定量加える。複数種類を混ぜると美味しい。

7

アサリの酒蒸しの汁を加えて生クリームも加える。3分ほどコトコト煮てやる。

8

白胡椒を少々加え、味をみて、万一味が薄ければ塩を足す。最後にあさりの身を加えて、ひと沸きしたら完成。

9

盛りつけ。アサツキやネギ等、好みで加えてください。うちでは小口に切った九条ネギを入れることが多いです。

10

アレンジ。小麦粉の替わりにメークインを5mm角に切ったものを、野菜を炒めるときに加えると、さっぱり感が出る。

コツ・ポイント

本場レシピのようにいきなり水や牛乳で煮るのではなく、酒蒸しにしてやることで生臭さが大きく軽減されます。日本酒の風味も味に深みを出します(ワインよりも絶対に美味しいです!)。また牛乳を使わないことで乳臭さがなくなり食べやすくなります。

このレシピの生い立ち

大好物のクラムチャウダーですが、二枚貝特有の磯の香りが苦手な人もいるようです。本式のクラムチャウダーだとちょっと、という子供たちでも大喜びで食べてくれる、食べやすく優しい味に仕上げました。
レシピID : 823256 公開日 : 09/05/30 更新日 : 09/05/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」