フランクフルトの味☆ グリューネゾーセ

フランクフルトの味☆ グリューネゾーセ
フランクフルトの春の名物。ドイツ版「春の七草」です。
レストランよりも美味!と感動したので自分の覚えがきに☆

材料 (4人分)

グリューネゾーセ用ハーブ(七草)
1/2袋(100g)
ヨーグルト
100g
マスタード
小さじ1/2
小さじ1/2
1個
小さじ1/4
こしょう
少々

1

卵は固ゆでにし、フォークでつぶしてできるかぎり小さくみじん切り状態にする。

2

写真

グリューネゾーセ用ハーブは洗って水分を拭く。よく切れる包丁でみじん切りにする(口当たりをよくするためなるべく細かく!)

3

*茎の硬いBorretsch、Petersilieは葉だけを摘み取る。

4

ボウルにサワークリームを入れてなめらかに混ぜ、ヨーグルト、マスタード、レモン汁を加える。

5

写真

ゆで卵、グリューネゾーセも加え、塩、こしょうで調味する。
冷蔵庫で30分ほど冷やしたら完成。

6

写真

グリューネゾーセは…Petersilieパセリ、Kerbelチャービル、Kresseクレソン、Borretschボリジ

7

Pimpinelleサラダバーネット、Sauerampferスイバ、Schnittlauchチャイブ の7種類

8

*本来はヨーグルトではなくSchmand(生クリームから作られたもので高脂肪分クリーム)を使う。

9

写真

定番はゆでたジャガイモ&ゆで卵♪

10

写真

春の風物詩・シュパーゲル(白アスパラ)とともに☆

11

写真

*マヨネーズとマスタードの使用はレシピによって様々。

12

写真

シュニッツェルに添えるのもフランクフルトの定番。

13

写真

炒めたジャガイモ&ゆで卵を添えて。

14

写真

ドイツらしく(?!)ソーセージに合わせてみました。

15

写真

いろいろのせて。。。おしゃれなプレートにしました。

16

写真

冷たいカッペリーニに添え、胡桃を散らしました。おしゃれな前菜に。

17

写真

スライスしたジャガイモにソースをトッピング。トマトと胡桃を散らして完成です。

18

写真

北ヘッセンのレシピ:チャーベル、クレソンをなくしてディルを。ヨーグルト&マスタードの代わりにSchmandを使います。

19

写真

7種のハーブを使ったスープです。クリームを加えてまろやかな風味に仕上げます。

20

写真

パプリカペーストを使ったピラフに合わせて♪

21

写真

ヒヨコ豆入りのサモサ(レシピID:607396)とともに☆

22

写真

トマトに入れて可愛く♪トルティーヤ(レシピID:551500)との相性も☆

コツ・ポイント

「グリューネゾーセを細かく刻むこと」が口当たりをよくするための最大のポイント。
風味を生かすためにもよく切れる包丁で刻むのが一番(ミキサーなどを使わずに)。
よりアッサリさせるためにSchmand、マヨネーズは使わずに作りました。

このレシピの生い立ち

ずっと作りたかったグリューネゾーセ。ようやく香草を見つけたので挑戦しました。
レシピID : 823415 公開日 : 09/05/31 更新日 : 15/04/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」