行者ニンニクのフォカッチャ

行者ニンニクのフォカッチャ
山菜の行者ニンニクをたっぷり使ったフォカッチャです。イタリアンなメニューと一緒にどうぞ♪

材料 (2人分×2回分(2枚分))

行者ニンニク
塩ゆでしたものを10本
150g(ナポレオン使用)
薄力粉
100g(江別製粉のもの使用)
*果糖
小1弱
*ドライイースト
小2弱
*天然塩
小1
大3+焼き用少々
ぬるま湯
150㏄
シーソルト
(ハワイの塩使用)少々

1

行者ニンニクは1cmぐらいに刻んで水気をしっかり絞っておきます。粉と*印とぬるま湯・オリーブ油を入れて生地作りはHBにお任せします。

2

手ごねの時は、ふるった粉に*印を入れ、ぬるま湯・オリーブ油を加えてなめらかになるまでこね、ボウルに移してラップをして30分ねかせます。

3

生地をガス抜きし、丸めてラップを掛けて10分発酵させます。行者ニンニクを加えてよく混ぜ込み、スケッパーで半分に分けます。オーブンの天板にクッキングシートを敷き、生地を丸く平に成型し指でところどころ穴を開けます。

4

生地にオリーブ油少々とシーソルトをまぶし、220度の予熱したオーブンで18~20分焼きます。(オーブンによって違うので15分過ぎたころから覗いてみてね)。う~ん・・・部屋中にニンニクのいい匂いが・・・(笑)

コツ・ポイント

スーパーなどに売っている栽培したものは香りが少ないですが、自生の行者ニンニクはすっごく香りが強いのでお好みで増減して下さいね。私は自生のを増やして入れました(笑)。ローズマリーなどのハーブの代わりに行者ニンニクを使っただけなので、この分量でローズマリーなどのハーブのフォカッチャを作れます。

このレシピの生い立ち

行者ニンニクは別名キトピロ、エゾネギとも呼ばれるニンニク臭の強い山菜です。取引先の社長に自生の冷凍ものをたくさん貰ったので作ってみました。レシピは道新ポケットブックのレシピをアレンジしました。
レシピID : 82448 公開日 : 03/03/06 更新日 : 03/10/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」