ふわふわもちもち☆チョコレートシフォン

ふわふわもちもち☆チョコレートシフォン
溶かしチョコをたっぷりと☆でもふわっともっちりなシフォンです! 卵白1個多め&しっかりしたメレンゲ&混ぜすぎないがコツ☆

材料 (17センチシフォン)

3個
★卵白
4個
サラダ油
30g
●水
40g
●ラム酒(水でもOK)
15g
チョコレート
50g
◇小麦粉
55g
◇ココア
15g

1

小麦粉とココアとベーキングパウダーは合わせて3回ふるっておく。オーブンを170℃に温める。チョコは湯煎にかけて溶かす。

2

ボウルに☆の卵黄&グラニュー糖を入れ、湯煎にかけながらハンドミキサーで線が書けてすっと消える位までしっかりと泡立てる。

3

サラダ油を少しずつ入れながらよく混ぜる。合わせておいた●を入れてよく混ぜる。

4

別のボウルで冷やしておいた卵白と★のグラニュー糖で、メレンゲをつくる。

5

3にふるった粉類◇を入れて、泡立て器で粉気が見えなくなるまで混ぜる。溶かしておいたチョコを入れ馴染むまで泡だて器で混ぜる

6

そこにメレンゲを1/3いれて、生地が均一になるまで泡立て器でぐるぐる混ぜる。メレンゲがつぶれてしまってもよい。 

7

6の半量を残りのメレンゲのボウルに入れて、ゴムべらでさっくりまぜる

8

だいたい馴染んだら6のボウルに戻して、ゴムべらで底からすくうように大きく混ぜる。混ざりきったと思われた瞬間ストップ。

9

生地を型に入れて、170℃で40分様子を見ながら焼く。割れ目にも焼き色がついたくらいが焼き上がりの目安。

10

オーブンから出し10センチくらい上から台の上にボンッと落として、中の熱い空気を抜く。瓶に真ん中をさして逆さまにして冷ます

11

写真

ふんわり
もちもち♪

コツ・ポイント

●卵白は冷やしておいた方が泡立ちが良いです。
●オーブンの温度は160~180℃、お使いのオーブンによって調節してください。
●ラム酒を入れると大人の香り♪ 入れないで水にしてもOkです。

このレシピの生い立ち

チョコレートを入れたシフォンを作りたくて。濃厚でふんわりしっかりしたシフォンができました^0^
ブログ記事 http://marimocafe.exblog.jp/9817419/
レシピID : 829858 公開日 : 09/06/06 更新日 : 12/01/19

このレシピの作者

東京都豊島区でお菓子教室を開催しています!詳しくは→ https://www.marimo-cafe.com/2
製菓衛生師・お菓子研究家として活動中。クックパッドレシピエールです。
★ブログ「marimo cafe」でもレシピ公開中→ http://marimocafe.blog.jp 
★Instagram → https://instagram.com/marimo_cafe/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

113 (103人)

18/12/16

写真

参考にさせていただきました。余ってたあまおうでシフォンサンドに♪

彩加。

作って頂きありがとうございます^^またどうぞ!

18/09/16

写真

息子のリクエストで久々に作りました。ふわふわやっぱりおいしい♪

myu**

嬉しいコメントありがとうございます!また作ってくださいね^^

18/07/05

写真

ふんわり焼けました^_^

いちえ0720

作って頂き嬉しいです^^レポありがとうございます!

18/05/16

写真

しっとりふんわり美味しくできました。

クックVGX6LQ☆

シフォンサンドおいしそう!レポありがとうございます^^

1 2 3 4 5
Profile ありあのママ 2013年06月26日 15:19
はじめまして(^^)
チョコ系シフォン初心者です。

とても美味しそうなのでレシピを熟読させて頂いているだけでまだ作ってません(><)

知りたいことばかりでまだ作り始められず、質問することをお許し下さい。。。
基本的な質問なのですが、世の中のレシピによっては卵黄と砂糖の生地を泡たてずに混ぜるだけの物と、まりも1016さんのようによ~く泡たてるものとありますが、出来上がりの食感にどのような違いがあるのでしょうか?
また、卵黄と砂糖に小麦粉を入れた後にもよく練るものもありますが、出来上がりの違いはどうなのでしょうか?
豆乳のシフォンは豆乳の作用でもっちりとのこと、このチョコシフォンのもっちり感はどこから来ているのでしょうか?

作ってみたら分かるのかもしれませんが、なんせ初心者なのでレシピ通りに作ったつもりでも正しい出来上がりにならず、本来の食感を感じられるかどうか不安で・・・。
どういう工程が本来どういう味に繋がるのか、教えて頂けたらと思い、ずうずうしい質問ですみません!

宜しくお願い致しますm(__)m
Profile ありあのママ 2013年06月26日 15:31
すみません、先ほど書き忘れました!
チョコレートは具体的にどのチョコレートをお使いですか?
クーベルチュールチョコか普通の板チョコか、スイートとかビターとか、スミマセンがお勧めありましたら併せて教えてください!!
まりも1016 2013年06月26日 19:29
>ありあのママさん

コメントありがとうございます!
私のレシピに目を留めて頂き、とても嬉しいです。
私もそんなに詳しい訳ではないですが、わかる範囲でお答えしますね☆

卵黄と砂糖の泡立て:卵黄には乳化(油と水を結合させること)作用がありますので、よく混ぜることで油や水がよく混ざります。
小麦粉を入れてから練る:小麦粉は水と合わさり混ぜられるとグルテンが出て粘ります。この粘りが生地の弾力になります。
チョコシフォンのもっちり:チョコレートのどろどろした流動性や油分だと思います。
チョコレート:製菓用のものです。この時はヴァローナの何かだったと思います。材料に関してはブログに詳しく載せているので、見てみて下さいね☆「生い立ち欄」にURL載せています。

美味しく作れるといいですね^^v


Profile ありあのママ 2013年06月26日 19:51
まりも1016さん

さっそく詳しいお返事をどうもありがとうございます!

鳥肌がたちました!!
お菓子作りは化学ですね!

各工程の意味や意義、それにつながる食感が分かり、楽しさ倍増です♪
貴重な情報を教えて頂き、本当にありがとうございます。

チョコレートの情報もどうもありがとうございます。
早速、可能な限りで材料を用意してレシピ通りに頑張って作ってみます。

本当にどうもありがとうございました(^^)

まりも1016 2013年06月26日 22:33
>ありあのママさん


そうですね!お菓子作りは科学そのものだと思います!

『お菓子作りのなぜが分かる本や』『お菓子 コツの科学』という本に詳しく載っていますのでお勧めです☆

良かったらまた作った感想を教えて下さい^^/
Profile ありあのママ 2013年06月28日 08:57
何度もご親切に貴重な情報をどうもありがとうございます!

教えて頂いた本、まさに私が知りたいと思っていた内容の物です(^^)!!!
こういうの、あったんですね!

勿論、どちらかは購入します(^^)♪

今はシフォン(チョコ、紅茶、バナナ)、
ショートケーキ、ロールケーキを重点的に勉強したいので、どちらを購入しても充分勉強は出来ますよね(^^)?


この週末にクーベルチュールチョコと本を購入し、届き次第早速作ってみます。

しつこくて恐縮ですがまた感想書かせて頂きます(^^)!
まりも1016 2013年06月28日 21:59
>ありあのママさん


実は『お菓子作りのなぜが分かる本』しか持っていなくて、それにシフォンの情報は少ないです。。
(コツの科学はパンの方しかもっていないのです。)
シフォンのページがなくても、卵とか油脂のところを読んで、自分なりに考えることが重要かもしれないですね!

スポンジ生地のページはありますよ☆

持っていて損はない本だと思います^^
Profile ありあのママ 2013年07月02日 19:17
まりも1016さん

本の詳細情報をどうもありがとうございました!
購入前に内容を見てみたく、図書館で取り寄せてもらうことにしました(^^)
どちらかは買いたいと思います。

スポンジ生地の勉強ができれば、シフォンにも生かせますよね。

あと、チョコシフォン焼きました!!
まりも1016さんの手順は、私が今までしていた手順より分かりやすく、しかも時間短縮できました!

お味も今までよりモチモチしっとりでかなり好みに近づきました~♪

実は、チョコは、この暑い時期に大量のクーベルチュールチョコビターを購入してもうまく保存できるか心配でひとまず市販の普通のチョコを使いました。
普通のチョコでここまでの味と食感なら、クーベルチュールチョコでビターを使えばもっと美味しく香もいいはずと思い、やはりクーベルチュールチョコのビターを買おうと思います。
冷蔵庫にタオルなどを巻いて保存すれば大丈夫でしょうか?冷やしすぎで劣化とかしないか心配ですが、常温ではおいとけませんものね・・・。

あとは、メレンゲを安定して作れるよう気を付けます。


この暑い夏にチョコシフォン作りにはまってしまいそうです(^^)