鮭フレーク

鮭フレーク
市販のビン入りより、手作りのほうが美味しいのです。もちろん、切り身でもOK。紅鮭を使うと見た目がきれいです。

材料 (作りやすい分量)

塩鮭のアラ
1尾分
適宜
小さじ1

1

写真

塩紅鮭のカマと尻尾が1匹分。300円でした。

2

大きめの鍋に湯を沸かし、塩鮭を入れる。中まで完全に火が通るようにゆでる。

3

写真

茹であがり、粗熱がとれたら皮、骨、血合い(気になるときは)を取り除き、肉の部分は指でほぐす。このとき、丁寧にほぐすと仕上りが細かくなります。

4

ほぐした鮭が湿る程度の酒と白醤油を入れ、弱火にかけて箸でかき混ぜる。

5

写真

絶えずかき混ぜながら、水気がなくなり、鍋底に焦げ付きかけたら、出来あがり。

6

鍋に入れたまま冷ましておくと、焦げ付きがとれてきます。保存ビンなどに入れ、冷蔵庫で保存します。(1週間くらい)冷凍庫でも良いでしょう。

7

水分が蒸発して味が濃くなるので、塩鮭は甘口を使っています。濃い味にしたい時は、辛口の塩鮭を使う、塩、醤油で味を整えます。

コツ・ポイント

小林カツ代さんのレシピを参考にしました。

このレシピの生い立ち

市販の鮭フレークは辛くて脂ギッシュなので手作りしたらとても美味しかった。紅鮭が安売りしていると、思わず作ってしまいます。
レシピID : 8372 公開日 : 00/09/16 更新日 : 03/11/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
comet 2000年09月20日 23:12
いらっしゃいませ~、まいんさん。

わたしも最初は使い方が分からなくて、とんでもないことをしていましたよ。気にしないでね。
わたしのレシピは「茹でほぐし」ですが、まいんさんは「焼きほぐし」ですね。これも香ばしくて美味しそう。

まいんさんも、ビジターといわずに、ぜひメンバーになって一緒に楽しみませんか?お待ちしています。