里芋のゴママヨ和え

里芋のゴママヨ和え

Description

里芋の粘りと、ゴママヨ味がからみ、濃厚な口あたりの一品になります。
おかずというより、酒の肴向きでしょうか(笑)。
山椒の葉等を、ゴマと一緒にすり鉢で摺って使うと、とても美味しいと思います。

材料 (一皿)

里芋
両手で持ちきれる位
マヨネーズ
お玉半分強
大匙2~3杯
液体出汁又はめんつゆ
ストレートなら大匙半分
好みの薬味
山椒・生姜・わさび等好きなだけ

作り方

1

里芋をよく洗い、皮付きのまま、竹串やお箸が通るまで、蒸すか、レンジでチンする。
あまり火を通し過ぎない事。

2

あまり冷めてしまわないうちに、皮を手で剥き、一口大に切る。

3

里芋が完全に冷めるのを待つ間に、和え衣の準備。
マヨ、すりゴマ、液体出汁(または麺つゆ)、好みの薬味を混ぜておく。

4

冷めた里芋と和え衣を混ぜ合わせ、しばらく冷蔵庫で味をなじませて、できあがり。

コツ・ポイント

里芋は、茹でるより蒸す事をお勧めします。水分が多いと、ゴママヨの衣がよく絡まないのです。
それから、作りたてより、半日位置いた方が、里芋に味がなじんで美味しいです。
ちょっと混ぜ合わせる薬味の種類によって風味が全く替わりますので、旬の薬味を使って楽しんで下さい。

このレシピの生い立ち

大好物の里芋。ねっとりとした舌触りの割りに、案外癖がないので、煮っころがしにする以外に、色々な料理にして楽しみます。ゴママヨは、野菜を和えると美味しいので、ひょっとしたら、里芋も・・・と思い試してみたら、大正解でした。
レシピID : 83941 公開日 : 03/03/15 更新日 : 05/04/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」