肝っ玉丼

肝っ玉丼
気の小さい性格の方にオススメです。笑 昨晩の「原了郭の黒七味風味で 砂肝とハツの味噌漬け」(ID:84313)で作った親子丼。一度網で焼いてから使うので、砂肝とハツは香ばしい香り。またもや黒七味をかけてどうぞ。

材料 (1人分)

ID:84313の砂肝とハツの味噌漬け
80g~100g
長ネギ
1/2本
本しめじ
1/3パック
三つ葉
2把
*だし汁
カップ2/3
*しょうゆ
大さじ1 1/2~2
*日本酒
小さじ1
*みりん
小さじ1
2個
ご飯
1人分
黒七味
適宜

1

砂肝とハツは焼き網でレア状態に炙り焼きしておく。焼いてから小さめに切って食べやすい大きさにしておく。

2

三つ葉は3センチの長さに切る。長ネギは斜めに薄切り。本しめじは石づきを取って裂いておく。

3

小さなフライパンに、*印の材料を入れて煮立たせる。(味はお好みで調節してください)長ネギを入れて、すこししんなりするまで煮た後、本しめじと砂肝、ハツを加える。三つ葉を入れ、煮立たせたところで、卵2個を軽く溶いたものを加え、蓋をして半熟にする。

4

あつあつのご飯を丼に盛りつけ、3の具を上にふんわりとのせて出来上がり。
お好みで黒七味を掛けて召し上がれ。

コツ・ポイント

ご家庭の親子丼の味付けでお楽しみを。三つ葉はたっぷり使った方が美味しいです。卵はもちろん半熟でふんわり仕上げてください。

このレシピの生い立ち

レシピID : 84461 公開日 : 03/03/18 更新日 : 03/03/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」