あるだけ材料・豆乳スープ 

タイトルそのまま。もう寿命の小松菜、どうしても使いたかったの。

材料 (4人分)

さつま揚げ
3個
小松菜
1/2束
しいたけ
肉厚の4枚
えのき
1袋
もやし
1/2袋
大さじ1
長ねぎ
30cm
1かけ
大さじ1
鶏ガラスープの素
大さじ1~2
250ml
しょうゆ
適量
砂糖
適量

1

長ねぎと生姜はみじん切り。さつま揚げは7mmぐらいに細長く、小松菜は4cm幅ぐらい、しいたけは3mm幅ぐらい、えのきは半分の長さにそれぞれ切る。

2

鍋にごま油を熱し、生姜、長ねぎを炒める。香りが出てきたら、酒、小松菜、しいたけ、えのきを加えて炒める。

3

充分炒めたら、さつま揚げ、もやし、ひたひたの水、鶏がらスープの素を加えて、蓋をして煮る。

4

充分煮たら、豆乳を加えて煮立たないようにし、仕上げにしょうゆと砂糖をちょっとずつ入れてできあがり。

コツ・ポイント

できあがりは具がうようよで、スープっていうかシチューっていうかって感じです。「豆乳苦手な人はダメだなー」「今度作る時には豚肉とチンゲン菜の組み合わせもいいかなー」「にんじんも入れれば良かった」と思いました。

このレシピの生い立ち

レシピID : 84481 公開日 : 03/03/19 更新日 : 03/03/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」