なつかしいあじ巻き寿司

なつかしいあじ巻き寿司
ごはんがあたたかいうちに、合せ酢をあわせると味もよくしみこんで、美味しい。くるくるまいて切り分けると、カラフルな、まき寿司のできあがり。

材料 (4本分)

すしめし
3合
昆布
1枚
合わせ酢
大さじ3杯半
砂糖
大さじ3
小さじ2
椎茸とかんぴよう煮
干し椎茸
8枚
かんぴよう
5g
椎茸のもどし汁
2分の1カップ
大さじ3
しょうゆ
大さじ3
砂糖
大さじ2
削り節
1袋(5g)
厚焼きたまご
たまご
4個
だしじる(和風だし4g)
大さじ4
砂糖
大さじ1杯半
小さじ1
サラダ油
適量
ほうれんそう(きゆうりでもいいよ)
2分の1わ
すしのり
4枚

1

米を洗ってざるにあげ、水をきる。炊飯器に入れ、水をメモリ通り加える。昆布の表面をふきんで拭いて入れ、普通に炊く。炊き上がれば約10分蒸らし昆布をだす。合わせ酢の材料混ぜる。

2

めしおけはぬれぶきんでふき、ご飯を真中にあける。合わせ酢をしゃもじにつたわせながら、半量を回しかけきるようにし、きるようにまぜる。わけていれるとなじみよい。

3

しゃもじですくってはきるように、あわせ酢をなじませる。しゃもじは一定方向に動かして混ぜる。米粒はつぶさないように。残りの半量をいれて混ぜる。まとめてぬれぶきんをかけておきます。

4

しいたけは軸をとって、1カップのぬるま湯に15分ぐらいつけもどす。じくをとるとはやくもどる。椎茸の戻し汁は2分の1カップ残しておく。

5

かんぴようはさっともみあらいする。(塩少々ふってもむ)臭みが抜け、色白く仕上がる。鍋にいれ、たっぷりの水を入れ、中火で5~6分ゆでる。

6

椎茸とかんぴようを鍋に入れ水カップ1と椎茸とかんぴよう煮の材料を加え中火にかける。削り節紙パックにいれてのせ、落しぶたをして、煮汁がほとんどなくなるぐらいまで煮てさます。かんぴようは4等分、椎茸は薄切りにする。

7

ほうれん草は熱湯でさっとゆでて水にとってさまし、水けを絞ります。

8

卵はときほぐし、厚焼きたまごの材料を加え混ぜる。卵焼き器を中火にし、サラダ油をひいて卵液をおたまじゃくし半分流しいれ、7分通り火がとおればてまえへむかって3つにたたむ。

9

あいたところに薄くあぶらをひき、たまごを向こう側煮移して同量の液を流しいれ、7分通り火がとおれば、折りたたむ。繰り返し焼き上げ形を整え、さめたら、縦4つに切り、さらに2つにきります。

10

すしのりは、さっとあぶる。まきすの手前を約1cmあけ、のりの表を下にして、横長におく。すし飯の4ぶんの1量を真中にのせ、手前、向こうへ、平均にのばす。のりの上向こうは2cmあける。

11

すし飯の真中に、しいたけ、かんぴよう煮ゆでたほうれんそうを4等分してのせる。最後に厚焼きたまごを2本のせ、しんにするときれいにまけます。巻きすの手前はしを外側に1cmほどおり、両手親指を下にして、のこりの指で、卵を押さえる。

12

巻きすをもってぐるりとまき、手前と向こう側をあわせる。まき終わりを下にして、両手をコの字がたにして、押さえてやや角張らせる。はしをもち、ころがすようにしてはずす。のこりも同様にまく。できあがり~。

コツ・ポイント

巻くとき、さきにかんぴよう、しいたけとか、ぐをのせあつやきたまごはしんにおきまきます。

このレシピの生い立ち

母がよく作ってくれたなつかしいおすしです。
レシピID : 85602 公開日 : 03/03/26 更新日 : 03/05/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」