北海道の鍋と言えば・・・・「石狩鍋」

北海道の鍋と言えば・・・・「石狩鍋」
お鍋の定番、石狩鍋です。各家庭で入れる具も様々ですが、ウチのはこ~んな感じです。

材料 (2人分)

鮭(あら)
できれば白子・頭つき200gくらい
大根
3cm
ニンジン
1/2本
小玉ねぎ
2個
ゴボウ
1/2本
じゃがいも
1個(北あかり使用)
十六ささげ
5本
こんにゃく
1/2枚
とうきび
ほぐしたものを大4~お好みで
長ねぎ
青い部分1本
豆腐
1丁
白菜
3枚(水菜でも可)
舞茸などキノコ類
1袋
昆布
10cmくらい
白つぶ味噌
適量
酒粕
お好みで適量
大4
お好みで適量

1

土鍋に昆布を入れてうるかしておきます。大根・ニンジンはいちょう切り、玉ねぎは串切り、豆腐・じゃがいもは一口大、長ねぎは斜め小口切り、こんにゃくは手でちぎって下湯ゆでし、ささげは半分に切ります。

2

ゴボウは泥と皮を金タワシでこそげ取ってささがきし、水に酢をたらした中に浸します。鮭はあらの部分はそのままで、頭は二つ割、白子は一口大に切ります。酒粕に酒を入れてほぐしておきます。

3

昆布の表面がぬるぬるしてきたら、煮えにくいじゃがいも・ニンジン・ゴボウ・大根を入れてひと煮立ちさせ、鮭を入れて色が変わったらこんにゃく・玉ねぎ・豆腐・長ねぎ・とうきび・ささげと味噌を溶き入れます。

4

ぐつぐついったら火を弱めて酒粕と酒を加え、テーブルに用意したカセットコンロに移し、一味を振って食べましょう。軽くビールの後は熱燗がオススメ♪

コツ・ポイント

初冬の生の秋あじが安くて、白子も売っている時がベストシーズンです。酒粕はお好みで(味噌の10%程度~)入れて下さいね。塩鮭のあらの時は、一度お湯をまわし掛けてから鍋に入れ、味噌の量も味を見ながら入れてね。骨用の器の準備をお忘れなく♪

このレシピの生い立ち

昔は、石狩川の中流での鮭漁が秋の風物詩でした。冷凍の自家製ささげやとうきび、床下収納に入っている越冬野菜をなんでも入れるのが我が家流。
レシピID : 87732 公開日 : 03/04/09 更新日 : 04/02/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」