やっとできた!さくさくのクロワッサン

やっとできた!さくさくのクロワッサン
さくさくっとしたクロワッサンは憧れでした。

材料 (約10個分)

157g
薄力粉
50g
ドライイースト
小さじ11/2
砂糖
大さじ11/2
ひとつまみ
バター
30g
牛乳
90ml
1個分
折込用バター
120g
薄力粉
11g
溶き卵+水
適量

1

○パン生地作り○
牛乳をレンジで軽く温める。40度ぐらいに。
卵黄と一緒に混ぜ合わせておく。
バターもレンジにかけて柔らかくしておく。

2

デジタルスケールにボウルをのせ、強力粉・薄力粉を計量。薄力粉は振るいいれながら計量。イースト・砂糖を入れて軽く混ぜ合わせる。そこにバターも加え手ですり合わせる。

3

牛乳・卵液を2回に分けて加える。加えるときは粉全体にいきわたるようにかけ、手でざっと混ぜ合わせる。
ある程度混ざったら、塩を加えて混ぜ合わせる。大体滑らかになったら出来上がり。普通のパン生地よりざらざらした感じ。少し固めの生地。

4

ボウルの中でこねる。
大体滑らかになったら出来上がり。普通のパン生地よりざらざらした感じ。少し固めの生地。クロワッサンはさくっとさせたいのであまりこねすぎないのがポイント!

5

ボウルに丸めた生地を入れ、シャワーキャップをかぶせ、熱めのお風呂ぐらいのお湯を張った鍋にのせて一次発酵。ボウルのそこをお湯に付けないように注意。1時間ぐらい発酵させる。発酵終了の見極めは元の大きさの2倍弱。

6

○折込みバター処理○
一次発酵させている間に、折込用のバターを準備。
1センチ厚さにバターをカットしてラップに包んで柔らかくしておく。手で少し揉むといい感じ。もしくはレンジで加熱。溶かし過ぎないように注意。

7

やわらかくなったら、薄力粉を振りかけてラップの上から麺棒で馴染ませる様にたたく。粉が散るのでバターを折りながら満遍なく粉をバターに馴染ませていく。5m厚さ位の円形に整える。

8

○折込○
コネ板に一次発酵終了した生地をのせ麺棒で直径30cm弱くらいにのばす。中央にバターを乗せて、左右上下の生地で包み込む。包み込む際になるべく空気を入れないように叩きながら包む。

9

綴じ目は上にしたままで、麺棒で細長く伸ばし、長さの半分のラインに向かって上下の生地を折りたたむ。
さらに半分にたたんで4つ折りにする。たたむときは空気を入れないように叩きながら折りたたむ。

10

生地をビニール袋を開いたもので包み、さらにぬれ布巾で包んで冷蔵庫で60分休ませる。
また4つ折りにして同じように冷蔵庫で60分休憩。

11

コネ板に粉をふり生地を4ミリ厚さに伸ばす。ここで薄くのばしておかないとサックリ感がでない。伸ばしずらいときは生地を休ませながら伸ばすと良い。
40×20のサイズが目安。

12

二等分三角形になるように包丁でカットしていく。
底辺中央に1㎝位の切込みを入れて、そこを開くようにしてくるくるっと巻いていく。巻き終わりを下にする。

13

オーブンペーパーを敷いた天板にのせて、きつく絞った布巾、ビニールをかぶせて室温で2次発酵。気温が低い場合は、バットにお湯を入れて天板の下におく。あまり温度を上げすぎてしまうとバターが溶け出すので注意。

14

一回りくらい大きくなったら、オーブンの余熱開始。
塗り卵をして冷凍庫で余熱が終わるまで生地を冷やす。バターが冷えていたほうがさくっとするので。

15

200度のオーブン上段で13分焼く。焼きあがったら網に載せてさます。焼きあがってすぐより、粗熱が取れたときのほうが美味しい。

コツ・ポイント

さくさくポイント!
強力粉だけでなく薄力粉も使う。
卵は卵黄だけを使う。
生地をこねすぎない。
折込バターに薄力粉をまぶして使う。
折り込む時にきちっとたたんで空気を入れない。
最後の伸ばしのときにうすーくのばす。
焼く前に冷凍庫で冷やす。

このレシピの生い立ち

旦那が大好きなクロワッサンを作って失敗したので何度も作り、ついに憧れのクロワッサンにたどり着きました。
参考文献
レタスクラブ 手作りのパン
レシピID : 88017 公開日 : 03/04/11 更新日 : 03/04/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

06/05/18

First tsukurepo mark
写真

中の方が多少フワフワとしちゃったけど周りはサクっ♪再チャレンジします!

momochu♡

作ってくれてありがとう。色よくと焼きあがってますね。

まぁちゅん 2007年04月06日 20:58
こんにちわ♪作ろうと思っているのですが
小さじ11/2というのは小さじ1と1/2ということでいいですよね?