迫力! 抹茶カステラ

迫力! 抹茶カステラ
21cm角のブリキの型で焼く、大きなカステラです。手土産に、おもてなしに、大好評の一品です。

材料 (21×21角型)

L7個
砂糖
220g
60g
牛乳
60g
220g
抹茶
小さじ1

1

牛乳と蜂蜜をあわせ、温め、蜂蜜を溶かしておきます。レンジ可。型に紙も敷いておきます。

2

卵を全部割り、カラザを取ったところに、砂糖を全部入れます。(ここからはハンドミキサーは回しっぱなしです。)

3

湯せん、もしくはガスコンロの極弱火の直火で砂糖が溶ける程度まで温めながらハンドミキサーで混ぜます。直火でやる場合は卵が固まらないように注意してね。

4

卵の泡が固くなってきて、角が立つようになったら、そこに1の蜂蜜牛乳を少しずつ垂らしては、またハンドミキサーで混ぜ込みます。

5

抹茶、強力粉を4と同様に少しずつ入れてはハンドミキサーで混ぜ込んでいきます。(この頃からオーブンの予熱をはじめましょう。180℃です。)

6

紙を敷いた型に流し、180℃のオーブン(上段)でまず10分。さらに型を90度回転させてもう一度10分。表面に焼き色をつけます。

7

下段に下ろし、温度も170℃に下げて30分焼きます。今度は火を通すのが目的です。竹串で刺して、何もついてこなくなればOKです。

8

耐熱性のお盆や木の板の上に、ラップを十文字に敷き、その上に焼きあがったカステラを逆さまに置きます。型をそっと取って、紙もはがします。すばやくラップでカステラ全体を包んでください。水分を逃がさないためです。

9

後はすっかり冷めるまで自然冷却。その後、冷蔵庫で2~3日寝かせるとしっとりします。カステラは逆さまのままで寝かせてください。食べごたえのある大きなカステラの出来上がり!

コツ・ポイント

ハンドミキサーさまさまです。
卵の泡以外に膨らませる材料は入っていないので、根気良く泡立ててください。
冷蔵庫で寝かせることで、しっとりしたカステラになりますよ。

このレシピの生い立ち

大きなカステラにしたくて、友人に教わったものを少しアレンジしました。友人に感謝!
レシピID : 89599 公開日 : 03/04/21 更新日 : 03/04/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
ちびのわ 2003年04月23日 20:44
こんにちは。

作りたいのですが、今手元にはダイソーで買って来た紙製のパウンドケーキ型しかないんですけど、これで作っても大丈夫でしょうか?
菜園 2003年04月23日 23:40
こんにちは。
書き込みありがとうございます。
とても嬉しいです。

紙型、私はやったことはないのですが、たぶん、大丈夫だと思いますよ。2~3個に分けないと入らないかもしれませんが。
もしそれでやって2~3日寝かせてもしっとり感が足りないようなら、もう2~3日寝かせてもいいかもしれません。カステラ自体、冷蔵庫で10日くらいは日持ちしますので、試してみてくださいね。

・・・それでもあまりしっとりしないようでしたら、やはり紙型でないほうがいいということかもしれません。




ちびのわ 2003年04月23日 23:46
わかりました。

カステラって、誰かがお土産で買って来たのを食べるというイメージしかなかったのですが、カステラを自分で作れるなんて。
一度紙の型でやってみます(^.^)