ささみの酢の物

ささみを使って酢の物を
和風・中華風・と色々工夫して

材料 (2人分)

ささみ
3~4本
きゅうり
1~2本
わかめ
50g程度
色つけ野菜
少々
適量
砂糖
適量
適量
1~2適

1

ささみの筋を引いて(取り除く)茹でておく(ラップ等にくるむか薄いポリ袋に入れて空気を抜てささみが湯に触れないようにして茹でる、これ隠技、とてもおいしい。冷やすときもそのまま。何故でしょう考えましょう)。

2

キュウリをこぐち又は千切りにして塩で良くもみます(もめばもむほど歯切れが良くなります、こんなにもまなあかんかと言うほどもんでみて下さい)。
わかめは生が良いですが塩でも乾燥でも手に入る物を使うとよい、主になる物は出来るだけ良い物を添え物は安価にすまそう

3

茹でたささみは良く冷やしてそぎ切りにして置く、きゅうりはしっかりと塩出し(抜き)をしておく、塩若布は塩も抜いて、乾燥わかめは水に戻して(気持ちだけ堅めにこれコツ)適度に切っておく。

4

器は気分に合わせて使いましょう
① 普通にきゅうり・若布を枕にささみをそして色つけ野菜をそえる(レモン・柑橘類・うどの千切り・晒ネギ・その他色々)
② 材料は全部よく混ぜて器の中央に小高く盛りつけ色つけやさいを上に添える。器にばらんの様な物をひいても

5

盛りつけたら器ごと冷やしておく、食べる直前に合わせた調味料を全体にかける。ひと工夫は酢の中にレモン等の榎橘類(ゆず)の酸味を少し加えると上品に、奥様のお株が上がるかも?
調味料もよく冷やして下さいや

6

中華風酢の物にするには?どうしたら良いでしょうか、野菜を少し変えたらいいですね。チンゲンサイ・人参・キクラゲ等々を使う。海月・烏賊
のボイル等を加えると歯ごたえが良くなると思います。
酢醤油に胡麻油を加えると良い。

コツ・ポイント

ささみを生又は霜降り程度・芯に生加減を残す・芯まで熱を通す・完全に熱を通すこの5通り位の分け方で料理すると上手に出来ると思います。

このレシピの生い立ち

酢の物は出来るだけ素材の味を生かすように調理して食する方法だと思います。
ささみは鶏肉の中でも一番くせのない材料なのでとても扱いやすく奥の深いものです。初心者からプロまでいつまでも前進し続けるメニューのひとつだと考えています。
レシピID : 90074 公開日 : 03/04/24 更新日 : 03/04/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
みなまゆ 2003年05月15日 15:04
ぱぱさん、はじめまして。みなまゆと申します。
我が家でも鶏肉はよく使います。特にささみ、胸肉が多いです。ささみはラップにくるんで茹でるというのは知りませんでした。なるほどー、今度からそうしよう! 今回はささみの酢のもののレシピを、胸肉で作ってみました。
夏らしいさっぱりしたメニューですね。ちょうど生ワカメを頂いたので、キュウリとワカメがシャキシャキして鶏肉もさっぱりして、とっても美味しかったです♪見た目もキレイ!
他にもいろいろな鶏肉メニュー、教えていただけたらうれしです。