旬のアラっと大根

 冬が旬の大根&ぶりのアラを使ったおいしい一品です♪大根をゴボーに変えてもおいしいです。
 お料理一年生用のアナタでもカンタンに作れるようにレクチャーつけました。砂糖を使ってないので、低GIダイエッターの方にも。

材料 (2人分)

大根
適量
ブリのアラ(刺身を取ったあとの残り部分)
1パック
適量
適量(砂糖を使わないので甘目が好きな人は多めに)
米ぬか(あるいは洗っていない米)
少々(大根のアク抜きに使います)

1

 まず、大根のアクを取りましょう。
 米ぬかがある場合は沸騰したお湯に入れ、ない場合は洗っていないお米を入れます。

2

 一口大に切った大根を入れて、すっと竹串(爪楊枝でもOK)が通るぐらいまで煮ます。熱いので、ひとつ取り出してから確かめるほうがヨイかと・・・・・・。
 出来上がったら、ザルにあげておきます。アクが気になるようだったらサッと水洗いした方がいいかも?

3

 ブリの下準備をします。ザルの上にブリのアラを並べて熱湯をかけます。その後、冷水で洗います。これをやらないと、臭みが抜けませんので必ずやってください。(魚の臭みを取る方法その1)

4

 煮込んでいきます。

 沸騰したお湯の中に(魚を煮る基本です。水から入れない!)アラと大根を並べます。

5

 味をつけます。この時の味付けは、みりん&お酒、少々のしょうゆでOKです。
 煮物は最初から「濃い味付けにしない」が基本です。煮ていくうちに、味が染みて濃くなっていくので・・・・・・。
 料理の本で「煮含める」とあったら、必ずこの「最初は薄く」を守っ

6

 再沸騰したら、「煮含めて」いきます。この時の火は中火から弱火で。
 「落しぶた」をします。(魚を煮る時の基本ですので、しっかりレクチャーしますね♪)
 魚を煮ている鍋よりも少し小さいナベブタを用意し、魚がかぶさるように上に乗せます。
 落しぶたに

7

 時折、鍋の中を覗いて煮汁の様子を見てください。その時、ペーパーが乾いていたら、スプーンで煮汁をかけてやってね♪

 この時点で煮汁が煮詰まっているので、味が濃くなっているはずです。大根もホンノリしょうゆ色に・・・・・・。
 

8

 煮汁が半分になったぐらいで、ちょっと味見をしてみましょうか。ブリ・大根・煮汁・・・・・・。
 どうですか? 甘味が足りないようだったら、みりんを加えてください。
 

9

 好みの味に仕上がったら、火から下ろして盛り付けます。
 ブリの骨から出たいいダシが大根に染み込んで、おいしいです♪
 

コツ・ポイント

 大根のアク抜き&アラの湯引き(でいいの?)をしっかりと。

このレシピの生い立ち

 母に教えてもらいました。ありがとう♪
レシピID : 90153 公開日 : 03/04/24 更新日 : 03/04/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」