梅ツナチャーハン

誰でも常備してそうな、梅干とツナ缶で
作るチャーハン。思い起こせば、料理が
ヘタだった学生時代から作ってました。
だから、失敗しにくいことは保証つき!

材料 (2人分)

梅干
2個
ツナ缶
小1個
こしょう
少々
ごはん
2膳分

1

ツナ缶(シーチキンなど)を熱したフライパンにオイルごとあけ、フライパンの上でほぐしてから、ごはんを加え、炒めながら混ぜる。※オイル漬けでなく、水煮のツナ缶を使う場合は、フライパンにサラダ油をしく。

2

ごはんがほぐれてきたら、あらかじめほぐしておいた梅干しを加え、ごはんに火が通るまで炒める。味を見て、もし足りなければ、塩を加える。最後にコショウで味をととのえ、完成。色味がさびしいので、青ねぎを加えるとベター。

コツ・ポイント

シソがあれば、梅干と一緒に入れると
より風味が増す。ちなみに、日本料理店「分とく山」の野崎さんの著書によると、同店のまかない料理に「梅マヨチャーハン」があるらしい。食べてみたい・・・。マヨネーズを油の替わりに使うんだって!

このレシピの生い立ち

レシピID : 9445 公開日 : 00/10/17 更新日 : 00/10/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」