かんたん角煮

角煮は薩摩料理の定番です。
普段はバラ肉をそのまま仕込みますが、
雑誌Danchuの作り方をヒントに切ってから作ると時間が短縮されました。

材料 (4人分)

豚バラ肉
700?800g
ネギ
2本
1かけ(親指大)
日本酒
2カップ
1カップ?適宜
大きな固まりで2かけくらい
醤油
100ccくらい

1

豚バラ肉は食べる大きさ(7センチ角くらい)に切る。ネギは10センチくらいに切り、ショウガはやや厚めの薄切りに。

2

厚めの鍋を熱し(あればル・クルーゼやビタクラフト、クリスタルなど多層鍋がベスト)切った豚バラ肉を入れて、中火でこんがりと焼き目が付くまで焼く。豚バラが脂が多いので、油を引かなくても大丈夫。

3

肉の4面に焼き目がついたら、出てきた油をペーパータオルなどでしっかりふき取り、そこに日本酒をいっきに入れ(跳ねるので注意)、続いてひたひたになるくらい水を加え、ネギ、ショウガ、あれば粒胡椒を加える。煮立ってきたら、火を弱めてあくを取る

4

3の鍋に黒砂糖を加え、しばらく10分ほど煮たら、醤油を加える。煮汁の味をみて、甘みが足りないようだったら、黒砂糖をもうひとかけ加え、しょうゆが足りないようだったらしょうゆを加える。味付けは好みで。煮詰まるのでそこも考えて、やや薄めの方がいいかもしれない。

5

皿に盛り、和からしを添えるか、ややのばしたからしを上からかけてもよい。

6

コツ・ポイント

焼きつけてから煮ると、余分な脂が取れます。煮こむときの砂糖はぜひ黒砂糖を。日本酒(または焼酎)もたっぷり使って。

このレシピの生い立ち

我家流とDanchuのレシピをアレンジしました。
レシピID : 94659 公開日 : 03/05/29 更新日 : 03/05/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」