やっと成功したフワフワ食パン

やっと成功したフワフワ食パン
ホームベーカリーが無くても大丈夫!
手捏ねでもフワフワ食パンは出来ます。

材料 (パウンドケーキ型(20cm))

300グラム
砂糖
15グラム
ドライイースト(粉末)
6グラム
溶き卵
30グラム
コンデンスミルク
20グラム
牛乳
170グラム
3グラム(無塩バターを使う場合は6グラム)
バター(ノーマル)
24グラム

1

材料を正確に計量する。(
鍋で牛乳を人肌くらいに温める。)
まず強力粉・砂糖・ドライイーストをボールに入れて、泡立て器で混ぜる。よく混ざったら塩を入れて更に混ぜる。

2

材料がよく混ざったら、コンデンスミルク・溶き卵を加え箸などで混ぜる。大きな玉は、小さくなるまで混ぜて下さい。

3

2に人肌に温めておいた牛乳を少しずつ加え、生地がひとかたまりになる様に手で混ぜる。

4

ひとかたまりなり、手に粉がつかなくなったら、こね板(私は食卓テーブルで代用してます。)に生地を出し、手前から押し出す様に捏ねる。方向を変えながら、モチモチっとなるまで捏ねる。(グルテンに傷がついたり壊れるので、生地を叩き付けないで、押し捏ねる。)

5

生地をボールに戻し、バターを加え、混ぜ捏ねる。
生地とバターを一緒に引きちぎる様にすると、よく混ざる。生地にバターが馴染んだら、こね板に戻し、生地が滑らかで、耳たぶくらいの硬さになるまで、よく捏ねる。

6

表面がなめらかになるように、ひとまとめして第一発酵させる。
【第一発酵】少し大きめのボールにお湯を入れ、生地の入ったボールを浮かべ、全体をサランラップで覆って、生地が2.5倍になるまで発酵させる。

7

フィンガーテストをする。
【フィンガーテスト】指に小麦粉をつけて、生地に突っ込む。指の穴がもどらなければ発酵終了。
ガス抜きをする。
【ガス抜き】発酵が終了した生地をこね板に出し、手のひらでかるく叩きたまったガスを抜く。

8

包丁で生地を2等分し、表面がなめらかになる様に丸め、10分間ベンチタイムを取る。
【ベンチタイム】グルテンを復活させる時間。

9

こね台でそれぞれの生地をめん棒で20cm×25cmの長方形にのばし3つ折にする。向きを変えてめん棒で少しのばし、手前からしっかり巻き、巻き終りをしっかりとめる。

10

クッキングシートを敷いたパウンド型にとじ目が下に、渦巻きの面が横側に来るように、両端に置く。

11

大きめのボールにお湯を入れて、ビニール袋に入れたパウンド型を浮かべ第二発酵をさせる。
【第二発酵】生地が型の高さより2cmほど出るまで、しっかり発酵させる。

12

表面に溶き卵を塗り、あらかじめ180度に温めておいたオーブンの中段で、30分焼く。

コツ・ポイント

秘訣は・・・きっとこれ!やっぱり発酵でしょう。

このレシピの生い立ち

スイスにはフワフワ食パンがありません。不思議と無いと思うと食べたくなるんですよね。でも色んなレシピで何度も挑戦したけど失敗続き。食パンって意外と難しいですよね。これはやっと成功した独自レシピです!!
レシピID : 95171 公開日 : 03/06/02 更新日 : 03/06/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」