石狩鍋風?鮭のあら汁 ver.1.0.0

石狩鍋風?鮭のあら汁 ver.1.0.0

Description

一人用卓上コンロレシピ☆(普通のお鍋でもできます!)見た目はごちゃっとしているけれど、内容はとても簡単ですw

材料 (2人分・・・超アバウトでおkです)

塩鮭(あらでも切り身でも)
100~150g
みずな
1束の半分(60~80g)
長ネギ(白い部分)
1本分(60~80g)
白菜
1/4カットを3枚程度(130~150g)
大根
80~100g
にんじん
1/2~1/3本(40~60g)
しめじ
1/2~1/3パック(20~40g)
ホタテ
貝柱中~大3,4個
◆汁◆
 お水
600~700ml
 だし入り味噌(白味噌)
大さじ2

作り方

1

写真

辛口の塩のキツい鮭の場合はあらかじめ水につけて塩抜きします。甘口なら何もしなくておk。

2

写真

具材を切ります。白菜は芯の部分を小さめに、葉の部分は大きめに。みずなは5cm幅くらい、しめじは石突きを切り取ります。

3

写真

大根は皮をむいて3mmくらいの輪切り→イチョウ切り、長ネギは鍋っぽく斜め切り。ホタテはそのまま。鮭はブツ切りにします。

4

写真

にんじんは皮をむいて3mmくらいの輪切り。型抜きするとかわいいかも。抜いたあとのヤツもちゃんと入れましょ。

5

写真

いびつになったヤツも、輪郭を切ったりしてなんとか入れましょ。(輪切りが苦手なので、こういうはんぱなコが出てくる・・・)

6

写真

お鍋にお水を入れてお湯をわかします。にんじんと大根を下茹でします(この工程は別になくてもおk)。お湯は捨てずに。

7

写真

食卓について早めに食べられるほうがいいと思って鮭も茹でてみた。ホタテはお刺身用だったのでそのままです。お湯は捨てずに。

8

写真

卓上コンロ用鍋に具材を詰めます。底に白菜芯・大根。奥ににんじん・みずな・白菜葉。型抜き後のにんじんは取って置く。

9

写真

中央に鮭・ホタテ・長ネギ。手前にしめじ・型抜き後のにんじん。(ぎゃー、ジャガイモ入れ忘れた!次回は入れよう・・・)

10

写真

6と7のお湯にお味噌を溶かします。鮭の塩がキツい場合は薄めに作ると良いです。お酒飲みながら食べる場合は濃い目が良いかも?

11

写真

6~7分目くらいまで汁を入れます。あんまり多いと噴きこぼれ・・・ました・・・・・・orz

12

写真

食卓につく直前に固形燃料に火をつけて、すぐお鍋をのせてください。30分弱しかもたないモンね!

13

写真

ぐつぐついうまで正座して見つめていましょう。うそ。食器の用意とかしなきゃだ。

14

写真

ぐつぐついったらフタを取っ払っていただきまーす!みずながすごい縮んだ。1束全部使っても良かったかも?

15

写真

この時は鮭だけちょっと残して、最後にごはんを入れて雑炊っぽく。ごはん洗わなかったし火消えてたし卵なかったけどwwwww

16

備考:具材の種類や量はお好みで!ジャガイモとかエビとか鶏肉とかお豆腐とかモチとかも入れたい!冷蔵庫の在庫処理的な感じで。

17

備考:次回はジャガイモもちゃんと入れて、汁を工夫してみます!みりんとかバターを入れるんだぜ!

コツ・ポイント

卓上コンロで火を通すなら、下茹で工程は一切不用です!
具材切って詰めて汁入れて卓上コンロに乗せるだけっす。超ラクっす。
卓上コンロじゃなくても土鍋とガスコンロとかでもおkっす。
(最後の雑炊を楽しむ場合は固形燃料2個必要かも。)

このレシピの生い立ち

一人用卓上コンロを購入したので、寄せ鍋のネタを研究中です。
まず一種類目は故郷北海道の名物「石狩鍋」をイメージした、具沢山の鮭のあら汁です。
ver.1.0.0ということで、荒削りのテスト版です!これから色々改良を加えていきます!
レシピID : 957934 公開日 : 09/11/06 更新日 : 09/11/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

10/05/11

First tsukurepo mark
写真

手元に鮭…じゃあ石狩鍋!コーンとバターを乗っけたら味噌ラーメン?

hik.

たしかに味噌ラーメンぽい!次は鍋のあとにラーメン投入だ!